中小企業の社長の場合、
人事に力を入れている方はあまりいないのが現状です。

特に、1人で会社を立ち上げて一生懸命やってきた方ほど、その傾向があります。

確かに、まずは売上を上げて食べて行くことが先決なので、
最初は人事に力を入れている場合ではないでしょう。

さらに、
会社を立ち上げた時は、社員もいない場合が多いので、
人事の重要度はさほど高くないです。

しかし、従業員が増えていっても、
”売上重視で人事にはほとんど関心がないまま”
というのは、とても問題です!

なぜならば、

”短期的”には売上UPが重要ですが、
”長期的”には人事が売上よりも重要

と言っても過言ではないからです。

起業してから、その会社が倒産する確率のデータがあるのですが、
そのデータによると、

・1年以内の倒産率、約40%
・10年以内の倒産率、約90%

だと掲載しています。

そして、さらにデータを細かく見ていくと、

・1年以内に倒産した方は、”売上UP”&資金繰りがうまく行かずに倒産
・10年以内に倒産した方は、”社員の使い方”&資金繰りがうまく行かずに倒産

のケースが多いらしいです。

※もちろん資金繰りがうまいことは、必要不可欠です。
入ってくるお金より使うお金の方が多ければ、
どんなに売上を上げてもうまくいかないのは当然ですね。

あの経営コンサルタントの『神田昌典』さんも、
成功するためには壁があり、

・第1の壁は、売上が上げれるかのマーケティングにかかっている
・第2の壁は、人をうまく使えるかにかかっている
・そして、第2の壁の方が高い。

とおっしゃっています。

僕もその通りだと思います。

そして、やっかいなのは、
売上を上げることよりも、人をうまく使う方が難しいということです。

次の記事へ続く
『長期的に売上を上げたいなら、人事に力を入れるのは絶対に必要』

follow us in feedly