前回の記事の続き

続いて組織開発についてですが、

組織開発は、
社員のチームワークを良くすることで、労働生産性(※)をよくすることが目的です。

※労働生産性とは、
「社員1人あたりで、どのくらい売上を上げているか」ということです。
人数が同じでも労働生産性が高ければ、より売上UPに繋がります。

なので、

”社員同士のコミュニケーションの活性化”
”お互いが協力しあう関係を構築”

することが必要だと言えます。

以上を踏まえた上で、組織開発の方法は以下のようなやり方があります。

1.共通目的の共有化

社員みんなの目的がバラバラだと、足並みをそろえることができず、
生産性の向上は不可能でしょう。

2.お互いの人となりを知る

1人ひとりの社員が、お互いの性格や趣味などを知っていることが重要です。

なぜならば、
よく知らない相手と良いコミュニケーションや協力関係を構築することは、とても難しいからです。

3.社員みんなが感謝の言葉を伝える

他の社員に協力しても「ありがとう」の言葉ひとつない会社では、
協力関係は生まれません。

人が何かを行うためには、自分のメリットになる何かがあることが必要です。
それは「ありがとう」という簡単な言葉だけでもメリットになり得ます。

”感謝のない会社に組織開発など絶対に不可能”だということを覚えておいてください。

次の記事へ続く

follow us in feedly