僕が組織コンサル会社の勤務中に、
体験した事例でお話させていただきます。

 

■M社での事例

●会社概要

M社は、40代の社長と従業員7人のベンチャー企業。

創業から3年目までは急成長していましたが、
その後は徐々に売上が下落。

5年目には、
大手が進出してきたこともあり、窮地に立たされていました。

社長が
「大手には真似できないやり方で、売上を上げよう」
と戦略を立て、頑張っていました。

ところが、社員が全く働かない。

●現状把握

社長に話を聞くと、社員が以下のような状態だと言われました。

・指示をしてもすぐには動かない
・自分で考えようとしない
・遅刻が多い
・とにかくやる気がない

僕がお伺いした時の印象も、

・社員に覇気が感じられない
・社内に活気がない(キーボードの音のみが響く社内…)

であり、確かにやる気があるようには感じられませんでした。

●原因の把握_面談開始!

社長の話を聞いた上で、社員が働かない原因を把握するために、
全社員に1対1の面談をしました。

ここで、以下のようなことが分かりました。

社長が、
・ほぼ毎日、趣味の機会いじりをしている・寝てる・ゲームをしている
・プライベートの用事で、遅刻・早退は当たり前
・頑張っても評価に繋がらない

社員7人に聞いたところ、
全ての社員が上記の3つをあげました。

他にも何人かの社員から
「話が分かりにくい」「給与が低い」などがあがりましたが、
根本の原因は、

【社長自身が社員に対して、手本を示せていない】
【社長が社員を見ていないため、頑張っても評価されない】

つまり、社長に問題がある、ということが分かりました。

しかも、
社長自身がそのことに全く気付いていない。

※給与に関しては、
業界平均・地域平均と変わらなかったため、
後で社員とお話をして、納得していただきました。

次の記事「問題解決_社長への提案」

follow us in feedly