■3つ目のご質問

『信頼関係をつくるやり方はどうするの?』

答えは簡単です。
とても単純なことです。

『自分自身の”行動”を変えること』

僕の記事を読んでくださってる方は、
経営者や、部下をもつ管理職の方が多いと思います。

部下に対して、
大きな権限を持っている方であればあるほど、
”行動”を変えることの効果は、より大きなものになります。

前回の記事でも少しお話させていただきましたが、
”経営者・管理職(上司)が変われば、組織は変わります”

社員に影響力を持っている方ほど、
行動を変えれば、それが連鎖的に広がり、
やがて組織の変革に繋がります。

社員のモチベーションや、風通しのいい職場かどうかは、
”経営者・管理職(上司)”がカギを握っているのです。

ここで、注意していただきたいのは、
自分自身の”行動”を変えることです。

変えようと決意するだけではダメです。
決意するだけでは長続きしません。

ちゃんと”行動”を変えて、それを”習慣化”してください。

具体的なやり方ですが、
一言でいうと、

”相手の立場になって、質の高いコミュニケーションをすること”

です。

例えば、

■日頃から感謝の気持ちを示す

効果は絶大です。
コストもかからないので、すぐにでも実践してみてください。

■相手の話を聞くときにメモをとる

特に、部下に対しては、
行っていない方がほとんどだと思います。

信頼関係をつくるには、
”聴く”こと”話す”ことは、基本です。

聞くではなく”聴く”です。
心で聞くということです。

話をしっかり聴き、聴いてることをアピールするのにも、
メモをすることは必要不可欠です。

■分かりやすく話す

相手が理解してくれない場合のほとんどは、話す側に問題があります。

あなたは相手に指示をする場合、
その指示の「目的」「重要度」「期限」を伝え、
「確認」を行っていますか?

よくあるケースとして、
部下が言った通りに動いてくれず、腹を立てて叱る
ことがあります。

指示をするときに、ちゃんと「目的」などを説明しましたか?
理解しているか「確認」をしましたか?

話す側に問題があるのに、それで部下が叱られていては、
信頼関係をつくるどころではありません。

もう一度言いますが、
信頼関係をつくるには、
”聴く”こと”話す”ことは、基本です。

自分がちゃんとできているか、しっかりチェックしてみてください。

次の記事へ続く

follow us in feedly