前回の記事の続き

■叱るときは、ちゃんと相手の言い分も聴く

特に、女性や若者は叱るときは注意してください。

彼らは”納得感”を非常に大切にするので、
納得できないのに叱られると、反感を買ってしまいます。

ですので、相手の言い分をしっかり聴きましょう。

言い分も聞かずに、
いきなり叱る、ましては”どなる”ことは決してしないでください。

何か問題が起こった場合、
その叱られる方が、100%悪いケースはまれです。

大体は、
他の社員の方や指示をした上司にも問題があるケースが多い。

それなのに、
叱られる方が100%悪いと決めつけて叱ってしまえば、
あなたへの信頼感は大きく下がります。

中には、「自分は全く悪くない」と開き直る部下もいるでしょう。

そういう部下には、
その部下の悪かったポイントを説明して”納得”してもらうことが重要です。

■コミュニケーションの機会を増やす

コミュニケーションは”質”が大事だと言いましたが、
それ以前に、
コミュニケーションの”量”が不足していると意味がありません。

ですので、
コミュニケーションの機会をできるだけ確保してください。

最低限、2ヶ月に1回は飲み会などの交流の場を設けましょう

その際、ビンゴゲームなどのイベントを行うと、
心の距離がグッと縮まるので効果的です。

参加するメンバーが固定しないように、

・年齢制限
・役職制限
・女性限定

などの制限を設けることも有効です。

費用は会社持ちが理想ですが、信頼関係をつくるコストだと思って、
最低でも3割は負担するべきだと思います。

自腹かどうかで、モチベーションにかなり違いが生まれてきますので。

以上、信頼関係をつくる具体的なやり方をいくつか紹介しましたが、
必ず”継続”してください。

メモを常にポッケに入れて持ち歩くなど、
とにかく”継続”する工夫をしてください。

3日坊主とはよく言ったもので、
継続することは本当に難しいので…

follow us in feedly