前回の記事の続き

では、
管理職の業務量を減らす具体的なやり方は、どうすればいいでしょうか?

本題に入る前に、業務量を減らす”目的”を考えてみたいと思います。

■業務量を減らす目的

仕事に追われている管理職の業務量を減らすことで、

・部下育成の時間を確保
・プライベートの時間を確保(ストレス発散のため)
・会社の経営戦略の実施の時間を確保

など、つまり、
『会社が長期的に売上を上げていくための体制の整備』
が目的と言えます。

■具体的なやり方

上記の目的を果たすことが必要になりますので、
やり方としては、2つの切り口があります。

1つ目は、管理職の”業務量を減らす”こと

2つ目は、管理職の”生産性を上げる”こと

つまり、

『仕事の量を減らして、時間をつくる』
または、
『仕事を早く終わらせることで、時間をつくる』

ということです。

●業務量を減らすやり方として、

例えば、

1.現在行っている業務の把握

2.緊急度・重要度の高い順に業務を順位づけ

3.順位が低い業務を他の社員に任せられないか?
そもそも順位が低い業務自体を排除できないか?
を考える

4.他の社員に業務を任せる・業務自体の排除

●生産性を上げるやり方として、

例えば、

1.管理職の方たちに集まってもらい、話し合いの場を設ける

2.下記のことなどを話し合う
・管理職の方一人ひとりの業務のやり方は?
・効率の良い業務のやり方は?
・管理職同士で助け合うことで、業務を効率化できないか?

3.話し合った結果、気付きを得れたなら、現在の業務のやり方の改善を行う

※管理職の人数が少ない場合は、管理職に限定せず、
社長や一般社員の方にも参加してもらい、話し合う

などがあります。

他にもありますが、長くなってしまいますので、
良かったらこの機会にやり方を考えてみてください。

キーワードは、

”業務量を減らす”
”生産性を上げる”

ことです。

ただ、
僕が経験してきた中では、上記のやり方が

・コストがかからない
・時間もあまりかからない
・即効性がある

ので、まずは試していただくことをオススメします。

僕のオススメするやり方を試してみて、
その後に、各自のやり方を試してみてはいかがでしょうか?

follow us in feedly