【タイムカードに証拠が無くても未払い残業代を請求される】

タイムカードに証拠が残っていなければ、
未払い残業代を請求されないと思っている方がいます。

タイムカード以外にも
「メールの送信履歴」や「退社時間のメモ」などでも証拠になります。

様々なものが証拠になりますので、未払い残業を請求される場合、
社員は入念に準備をしているケースが多いので、会社側が負ける可能性がほとんどです。

なので、事前にしっかりと対策をしておく必要があります。
(具体的な対策策は次の記事で)

【サービス残業は社員のモチベーションを”恐ろしく下げる”】

僕的には、未払い残業代の請求よりもこちらの影響の方が大きいと考えます。

社員のモチベーションが高いと、労働生産性が全然変わってきますので、
当然少ない人数でも売上を上げることができます。

残業代を節約するために、サービス残業をさせている経営者が多いとは思いますが、
その分社員のモチベーションが低下するので、労働生産性が下がります。

労働生産性が低いので、売上もなかなか上がらず、新たに人を雇う必要も出てきます。

新たに雇用するには、当然求人のための費用もかかりますし、
教育のための費用もかかります。

その考えると、残業代を節約するためにサービス残業を行うのは、

・未払い残業代を請求されるリスクがある
・労働生産性が下がるため、売上が上がりにくい

ので、決して好ましい方法とは言えません。

確かに、社員のモチベーションを上げることにより、
売上向上に繋げるには少し時間がかかるデメリットもあります。

しかし、サービス残業が当たり前になってしまっては、
労働生産性が低いので、その分人が必要になり人件費がかかります。

結局、売上を上げたとしても利益が増えず、ジリ貧になるでしょう。

「そうは言っても、残業代を払うお金なんてないよ」という方もいると思います。

次の記事では、その対策をお話させていただきたいと思います。

次の記事へ続く

follow us in feedly