おはようございます!
従業員満足度向上コンサルタントをしております、
社会保険労務士の清永仁です。

今回は、社員のモチベーションを上げて動いてもらうため、

「あなたの”意識”と”行動”を変えることの重要性」

について、お話させていただきます。

■やるべきことを伝えるだけでは社員は動かない

「やるべきことを伝えれば社員は動く」
「動かないのは、社員の責任であり私の問題ではない」

あなたはこのように考えていませんか?

申し訳ないですが、この考え方は明らかに間違っています。

実際は、こう考えるべきなのです。

「やるべきことをただ伝えるだけでは社員は動かない」
「あなたがやってみせた上で、やるべきこと具体的に伝える」
「熱意と創意工夫により、何とか社員に動いてもらうようあなた自身が汗をかく」

■社員が”自発的に”「やろう!」と思うことが大事

社員は「やるべき」だと理解していても動きません。
「やろう」と思い、「やり方」が分かって初めて動きます。

すなわち、
社員が自発的に「やろう!」と思わせることが、動いてもらうために必要なのです。

人は、自らの意思で「やろう」と思ったことにしか意欲は湧きません。

「やるべきことを仕方なくする」では、
意欲が湧かないのでなかなか動きませんし、高い品質の仕事もできません。

では、どうすれば社員が自発的に「やろう!」と思ってくれるのでしょうか?

■あなたの”意識”と”行動”を変えることからはじまる

自発的に「やろう!」と思ってもらうためには、
まずはあなた自身の”意識”と”行動”を変えることが必要です。

具体的には、先ほども言いましたが次のような点です。

・やるべきことをただ伝えるだけでは社員は動かない
・あなたがやってみせた上で、やるべきこと具体的に伝える
・熱意と創意工夫により、何とか社員に動いてもらうようあなた自身が汗をかく
・あなた自身が最前線で動く
・言ったことと行動に一貫性を持つ
・社員を大事に扱う

注意していただきたいのは、上記のことを心がけても、
必ずしも社員が自発的になるわけではありません。

しかし、
上記のことを心がけ”意識”と”行動”を変えなければ、社員が自発的になることはあり得ません。

つまり、最低条件なのです。

■まとめ

本日のまとめです。

・ただ伝えるだけでは社員は動かない
・なんとか動いてもらうようあなた自身が汗をかく必要がある
・まずは、あなたの”意識”と”行動”を変えることからはじまる

以上、ここまで読んでくれてありがとうございました。

follow us in feedly