おはようございます!
従業員満足度向上コンサルタントをしております、
社会保険労務士の清永仁です。

今回は、

「社員との信頼関係を築く_①」

について、お話させていただきます。

■リーダシップをもって社員と接する

ディズニーでは、常にリーダシップをもって社員と接しています。

その結果、社員との信頼関係も深まり、パークを運営する上で大きな力となっています。

では、ディズニーにおけるリーダシップとはなんでしょうか?

大きく次の2つの要件を満たすものと捉えています。

1.思いやりの心をもっていること

僕たちは思いやりの心をもち、様々な仕事をすることではじめて、
相手から信頼を得ることができます。

しかし、多くの会社ではスキルを教えることに必死で、
”相手を思いやる心”について教えることはほとんどありません。

どんなにスキルが優れていても、思いやりの心がなければ、
相手から信頼を得ることは難しいです。

ぜひ今日からでも相手を思いやる心をもち、社員に接してあげてください。

最初はなかなかうまくいかないかも知れませんが、
常に思いやる心をもって接していれば、いつの間にか身に付いています。

2.自分が模範となること

この必要性については多くの方が認識しているとは思いますが、
実際に守られているケースは少ないです。

口ではどんな良いことを言っても行動が伴わなければ、
信頼関係を築くことはできません。

人間なので「ちょっとくらい、いいだろう」と気を抜いてしまうこともあるでしょう。

ただ、社員は想像以上にあなたの行動を見ているものです。

気を抜きたい気持ちも分かりますが、それも仕事だと思って、
常に言うことと行動を一致させるように心がけておきましょう。

そして、もし前に言った内容と違う行動をする必要性が出てきたならば、
その理由をしっかり社員に伝えることが肝心です。

いくらあなたの中で一貫性があったとしても、それが社員から見ても同じだとは限りません。

重要なのは、社員から見て”言うことと行動が一致している”ことです。

言ってることと行動が伴っていないと”思われること”は、
信頼を失う大きな要因になるので気をつけるようにしてください。

follow us in feedly