前回の記事の続き

”必要な人材をタイミングよく雇用すること”

これが、採用をする上で最も重要なポイントになります。

ただ、
このポイントを実現するのは思っているより難しいです。

 

要因として、

・自社に必要な人材が明確にされていない
・時期によって、必要な人材数は変化する
・退職することがある

が考えられます。

なので、
採用の上で次の3つを行うことが必要です。

・必要な人材を明確にすること
・常に人材数は適正かどうかチェックする
・採用する人材の”価値観”や”何を望んでいるか”を把握する

特に、自社に必要な人材を明確にしていない方が多いと感じられます。

例えば、
いい大学を出ていたり、前職が大企業であるという理由で、
とても優秀な人材だと思い採用したが、期待した活躍をしなかったケースなどです。

これは、自社にとっての必要な人材を明確にせずに、採用したため起こるケースです。

接客業の方であれば、笑顔や明るさなどコミュニケーション能力が重要だし、
経理の方であれば、ミスをしない几帳面さが重要になるなど、
業種や職種が変わるだけでも、必要な人材は変わってくるのです。

具体的なやり方は、

1.現状を分析する

各部門の責任者や一般社員に対して、
「必要な人材像」や「人材の過不足状況」のヒアリングを行う。

2.要因計画を作成する

現状分析の結果をふまえ、”必要な人材”を”いつまで”に採用するかの計画を立てる。
また、正社員か非正規社員かの検討もする。

3.広告媒体を決める

ハローワーク・人材紹介会社など、募集する方法を決める

4.面接を行う

面接の際、相手が自社に何を望んでいるかをしっかりと聴く。

例えば、
・どんな仕事をしたいか?
・この会社で自分がどうなりたいか?など

5.検討を行い採用するかどうか決める

・自社に必要な人材か?
・自社の目的と合っているか?
・自社と価値観は合っているか?

上記のことを検討し、大丈夫と思えば採用をする。

上記のやり方以外にも色々とありますが、その場合にも

・必要な人材を明確にすること
・常に人材数は適正かどうかチェックする
・採用する人材の”価値観”や”何を望んでいるか”を把握する


を念頭に置くようにしましょう。

 

次の記事『社員を評価する上での注意点は?』

follow us in feedly