地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

「東京で起業」は注意!都市起業の弱点と地方起業のメリット

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『「東京で起業しよう」は注意!都市起業の弱点と地方起業のメリット』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


「こんな田舎で起業しても
難しいから東京に行きます!」

といったことを耳にすることが
よくありますが、あなたは
どう思いますか?

やはり、たくさんの人がいるので
東京に行ったほうが起業の成功率が
上がると思いますか?

確かにお客様の“数”だけで言えば
東京や大阪の方が多いです。

————————–
でも、お客様が多いということは
その分ライバルも多いということを
考えていなければいけません。
————————–

以前お話させていただいた、
トレンドに乗るのもビジネスの
一つではありますが、ただ、

「流行っているから」という理由で
みんなも同じ様に参入してきます。

ビジネスでは、みんなと同じことを
していても成功率が低いと言われているので
正直、トレンドのビジネスに乗っても
成功するのはほんの一握りの方だけです。

なので、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「起業するなら東京」という発想も
他にもそう考えてたくさんの人が
東京に集まってくるため、うまくいく
可能性は正直低いです…
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

しかも、東京でビジネスをずっと
やっている人はライバルに勝ち続けて
いる人たちばかりなので、ビジネスの
ベテランが多いというのもあります。

そこで戦ってもなかなか勝てる
ものではありませんよね?

そういった意味では、僕はまず
田舎の方で起業してほしいと
思っています。

東京に比べると大きな収入を得るのは
難しいですが、ライバルも少ないので
勝ち残っていくのはそう難しくもありません。

============
むしろ、僕はまずは地元で起業して
そこで経験を積んだ後に東京に行くべき
だと思っています。

いきなり起業1年生が挑んでも
強豪ばかりいる東京では勝てないので
まずは地元で力をつけてから東京に
行くのです。
============

これなら勝ち残ることができやすいですし、
大きな収入を得ることも可能です。

ぜひ参考にしていただければと思います(^^)

ただし、今現在、東京や大阪などの
都市に住んでいる場合は仕方がないので
いきなり強豪が多いところに挑む
必要がありますが…(-_-;)