地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

【動画解説】新型コロナ対策として今後予想されるビジネストレンドとは?

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『新型コロナ対策として今後予想されるビジネストレンドとは?』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


最近コロナウイルスの話題ばかりで恐れ入ります。

ただ、経済に深刻なダメージを与えており、
各事業者の方も大きな影響を受けていますので、
少しでも今後の参考にしていただければ幸いです。

そして、本日は新型コロナの影響で
今後より売れることが予想される商品について
お話したいと思います。

=======
結論から言うと「サブスク」商品です。

※サブスクとは「サブスクリプション」の略で
Amazonプライムや会員サービスに代表される
“継続課金型”の商品のことです。
=======

サブスク商品が流行る理由としては、
お客様にとってメリットがあるのもありますが、
(使い時にだけ使える・初期費用を抑えるなど)

それよりも今回の新型コロナの影響で
『安定性の高い商品の販売が主流になる』
と見ているからです。

理由としては、
ビジネスには大きく2つの形態があり、
それぞれ

〜〜〜〜〜〜
●フロービジネス
→お客様が商品を購入する度に売上が上がる

爆発力があり一気に売上を伸ばすことが
可能な反面、安定性に欠けます。

お客様の来店が減ったり、
商品購入が減ると一気に売上が下がるので。

(ちなみに、9割以上の会社がフロービジネスです)

●ストックビジネス(サブスク商品など)
→1度契約すると毎月継続的に売上が上がる

商品単価が安い傾向があるので爆発力はありませんが
その分、非常に安定性が高いです。

景気の波に左右されにくく、
会員が増えるほど(ストックされるほど)
徐々に売上も上がっていくので、
潰れにくく、大器晩成型のビジネスです。

ちなみに、大企業は必ずと言っていいほど
ストックビジネスの事業を1つはやっています。
(大企業が保険商品を扱うのが多いのもそのため)
〜〜〜〜〜〜

今回のコロナの影響で
一気に売上が落ちた事業者の方も少なくないので、
今後もし同じようなことが起こっても大丈夫なように
ストックビジネス型の商品を販売する事業者が
確実に増えることが予想されるからです。

特に「サブスク」という言葉の認知度が
ここ何年かで大きく高まっているのもありますので、

(もうサブスクを「聞いたことがない」
という人は少ないのではないのでしょうか?)

今回のコロナの影響もあいまって
一気に普及すると見ています。

——————
なので、あなたの事業でも

・何かサブスク型の商品を作れないか?

・継続課金型の商品を販売できないか?

・今の事業にストックビジネスの仕組みも
取り入れることができないか?

こういったことをぜひとも
頭に入れておいてくださいませ。
——————

特に、厳しいことを言いますが、
感染者が増えている現状を考えると、
これからますます客足が遠のくことが
予想されますので(集客が難しくなる)

今すぐにでもサブスク商品を販売できないかを
時間をとってでも考えていただければ幸いです。

少しでも売上低下を防ぎ、
安定性の高い経営を行っていくためにも
どうぞよろしくお願いいたします。

清永 仁
地方・田舎の「自営業者、社員10名未満の社長へ