地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

【動画解説】新型コロナ経営対策。8つの事例で売上低下を防ぐ基本対策

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『【動画解説】新型コロナ経営対策。8つの事例で売上低下を防ぐ基本対策』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


コロナショックで経済的にも大きな影響が出ています。。。

日経平均株価は大きく下がり、
ダウも過去最大となる2000ドルを下げ
まだまだ収束の様子もないですし
今後もどうなるか予測が付きません。

リーマンショックとは違い、
収束さえすれば経済の回復は
比較的早いとは思われますが、
予断を許さない状況です。

事業者の方も色々な業種で
売上を下げているのもありますし…

いきなりこんな気が滅入るような話で
申し訳ございませんが、だからこそ
コロナに負けない7つの経営事例を
今回公開させていただきました。

どれも基本的な内容ではありますが、
少しでも参考にしていただければと思います。

※あなたの業界・業種で
「これなら使えそう」という
観点でみていただければ幸いです。

■基本:参考事例

===========

【1】
「子供向け商品・サービス」
(またはお母さん向け)

学生が休学になり、
時間を持て余している人が大勢います。

なので、子供向けに何か商品を作って
販売できないかを考えてみてください。

たとえば、
ベネッセは休学が決まったらすぐさま
オンライン教室として打ち出し
広告を新たに出していました。

広告に書いてあるターゲットも
休学になった学生向けに書いてあり
まさに電光石火の集客で僕も驚きました。

また、子供が家にいることよって
そのお母さんが悩みを抱えているケースもあります。

そういったお母さん向けに役立てる
商品を販売できないかを考えるのも有効ですね。

【2】
「オンライン化」

先日、ZOOMというビデオ通話サービスを
紹介させていただきましたが、
オンライン化によって新たに商品を
販売できないか考えることです。

たとえば、僕の業界の士業では
顧問をすべて対面ではなく、ZOOMを使った
オンライン型の顧問に変えて売り出しています。

対面とは違い、移動の時間もなく
1日の対応人数も増やせるので、
今後は対面式と一緒に紹介して
お客様に選んでいただく形で販売すると
言っておりました。

あなたの商品・サービスの中でも
オンライン化で対応できるものがないか
ぜひとも考えていただければと思います。

そのためのヒントとして、
まずはオンライン上にどんなサービスがあるか
知っておくことが重要なので使えそうな
サービスをまずは探してみることをオススメします。

【3】
「仕組みで売る」

上記のオンライン化に少し似ていますが、
何かコンテンツ等を販売できないか考えることです。

人との接触が自粛されているので、
接触しなくても売れるような商品を
販売できる方法ですね。

たとえば、基本的ではありますが、
商品を動画にして販売するなど、
少し工夫すればコンテンツ化できるものも
あると思います。

ある整体師の例ですが、
「高齢夫婦でもできる整体のやり方」という
動画を作成してそれを既存客に販売したところ
かなり売れたそうです。

【4】
「宅配・出張・移動販売」

今回の新型コロナは、人の外出が
自粛されているから起こる影響です。

人と接触するのでもちろん完璧に
解決したわけではないですが、
少しでも影響を減らすために

・宅配サービス
・出張サービス
・移動販売

などなど、
“こちらから”お客様のところへ行くことで
なにか商品を販売できないか考えてみてください。

僕のクライアントさんの飲食店の方には
すぐさま宅配サービスのポスティングを出して
(2月には配ってもらいました)

お店への集客は半分ほど減りましたので、
もちろん全体としては売上は下がっていますが、
宅配サービスの売上がかなり伸びてきており
売上が落ち込むのも食い止めることに成功しました。

===========

本日は前編ということで、
明日は残りの4つを後編として
お送りさせていただきたいと思います。

清永 仁
地方・田舎の「自営業者、社員10名未満の社長へ