地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

あえて商品の「欠点」を伝える営業でクロージング率を上げる2つのコツ

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『あえて商品の「欠点」を伝える営業でクロージング率を上げる2つのコツ』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


本日は販売セールスについて話をしたいと思います。

セールスというとやっぱり商品を買ってもらいたいので、

「◯◯がすごいですよ」
「◯◯ができます」
「◯◯もついてますよ」

などとメリットばかり伝えて
しまいがちですよね?

===========
ですが、
弱点は“あえてさらけ出す”ようにする方が
むしろセールス成功率は上がることが多いです。

(ただし、あまり気にならないような弱点を
わざわざ言う必要はありませんので「大きな弱点」の場合です)
===========

これはなぜかというと、
人間はもともと身を護るために警戒心が強いので、
メリットばかりをいわれると

「それって本当だろうか…?」
と逆に怪しまれてしまいます。

(うまい話には裏があると思われる)

しかも、

大きな弱点の場合は隠していても
結局は後でバレる可能性が高いので、
購入してもらっても悪い口コミが広がり
どんどん売れなくなってくる…

そんな状況にもなりかねません。

ネット社会の現在はすぐに口コミは広がりますし、
特に、いい情報よりも悪い情報の方が拡散も早いので
会社の信用を損なう危険性があります。

——————————–
なので、弱点はあえてさらけ出す方が
長い目で見るとマイナス面は少なく、

さらに、弱点を出すことで
お客様からの信頼性は逆に上がることも多く、
セールス成功率が上がる可能性も高いのです。
——————————–

しかし、細かい注意点があります。

・弱点はできるだけメリットを伝える“前”に言っておくこと

・弱点を“克服する努力”は前もってしておくことです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「この商品は◯◯という弱点があります。
でも、もし◯◯が起こってしまった場合は
しっかりと対応しますので、その点は安心してください」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

みたいな感じですね。
(「対応」の部分が弱点を克服するために
努力したことを伝えるところ)

かなり効果的な方法なので、
ぜひ覚えておいてくださいね。

ご参考になれば幸いです。

清永 仁
地方・田舎の「自営業者、社員10名未満の社長へ