地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

コピーライティングの力で自社の「強み」を魅力的に変えるコツとは?

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『コピーライティングの力で自社の「強み」を魅力的に変えるコツとは?』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


突然ですが、

様々な物やサービスが
あふれる今、競合との
差別化が売上を伸ばすための
大事な要素の1つです。

 

そして、

差別化のためには
まず最初にあなた自身の
「強み」を打ち出すことが
重要ですよね?

 

競合が真似できない
独自の強みであれば、

“あなたしか提供できない
独自の強み”なので、

その強みがお客様から
「選ばれる理由」に
なるからです。

 

このブログで
何度も言ってますが、

お客様からすると
同じ商品が並んでいたら

 

・より安い方
・ブランドがある方

 

を選ぶのは当然なので、

価格やブランド以外で
勝負できる“何か”
必要となります。

 

その“何か”が
差別化であり
あなた独自の強みを
いかすことです。

 

ただ、この
「強みをいかす」までは
知っている人も多く
たとえばホームページに

「○○の強みがあります」

と掲載しているところも
少なくありません。

 

ところが
ここで問題なのが

その強みがお客様にとって
どんなメリットがあるのか?

“ベネフィット化”
できていないところが
とても多いことです。

(ベネフィットとは、
簡単に言うと、
お客様にとっての
メリット
のこと)

 

たとえば、

「長年経営しており
“実績”があります」

という感じで
実績を強みとして
打ち出している
ところは多いです。

 

ただし、

これは自社(あなた)を
主語にした表現
であり、
ベネフィット化ができていません。

 

つまり、

「実績があることで
お客様にとってどんな
メリットがあるのか?」

主語をお客様にして
伝える必要があるのです。

 

“私が”こんな
ことができます」

という自社を
主語にした表現から

“あなたは”こんな
メリットを得れます」

お客様を主語にした
表現にです。

 

実績を伝えるだけでも
強みとはなり得ますが、

さらにお客様へ
魅力が伝わるように

「こんな実績があるから
あなたに○○を提供できます」

というベネフィット化が
できることが強みをいかすために
より重要な要素になります。

 

あなたの強みはどうですか?

ちゃんと主語が
お客様になっており、

お客様にとっての
メリット(ベネフィット)

を伝えていますか?

 

ぜひこの機会に
一度見直して
いただければ幸いです。

本日はここまでになりますが、
少しでも参考になれば
嬉しく思います(^^)

清永 仁
地方・田舎の「自営業者、社員10名未満の社長へ」
ストックビジネスを活用した
地方・田舎でも集客できる3大メソッドを公開!
清永 仁
全3回の動画セミナーを下記からご覧ください