地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

コンサルタントが教えるSNS集客。失敗する人に共通する2つの特徴

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『コンサルタントが教えるSNS集客。失敗する人に共通する2つの特徴』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


ここ最近SNS集客について
お話させていただいておりますが、
本日はいよいよ“確信”の部分です。

なぜ、SNSを活用しても
成果が出ないのか?

その“本当の秘密”について
お伝えさせていただきます。

正直かなり重要な部分ですので、
ぜひ最後までご覧いただければ幸いです。

 

ところで、2日前にSNSの失敗理由として
3つの事例動画を投稿させていただきました。

簡単に復習すると、

〜〜〜〜〜〜〜
・集客につなげる仕組みがない

・ターゲットに合わせたSNSを使っていない

・積極的にコミュニケーションをとっていない
〜〜〜〜〜〜〜

この3つです。

でも、失敗事例としては
この3つの理由が多いですが、

『実は本当の問題は違うところにあります』

 

しかも、
その本質を改善しない限りはいくら

〜〜〜〜〜〜〜
・集客につなげる仕組みを作っても

・ターゲットに合わせたSNSを使っても

・積極的にコミュニケーションをとっても
〜〜〜〜〜〜〜

これらの点を改善しても
成果を上げることは不可能です。

 

では、、、
「その本当の問題とは何だと思いますか?」

答えを言ってしまうと

★★★★★★★★

・商品の「コンセプト力」
→お客様にとって魅力的な商品か?

・商品の「メッセージ力」
→その魅力がお客様に伝わっているか?
(コピーライティングですね)

★★★★★★★★

この2つです。

 

ビジネスで売上を上げるためには、
お客様がお金を払ってでもほしいと思う
“魅力ある”商品やサービスを作り、
その魅力が“伝わることで”はじめて購入につながります。

ということは、

いくら仕組みを作っても
コミュニケーションをとっても
そもそもお客様がほしがる商品がないと
(しかも、伝わらないと)売れるはずがないのです。

 

これから電球を売ろうと思っても
もう僕たちの生活に当たり前にあるものなので
今の時代に売れるはずがないですよね?

(ちょうど電球を切らしている
ごく少数の人には売れるかも知れないですが)

 

なので、まずはSNSの活用法以前に

——————
ターゲットとなるお客様が「ほしい」と思う魅力的な商品を作り、
その魅力が100%「伝わる」ことではじめて集客や売上につながります。
——————

繰り返しますが、

SNS活用法などの“やり方(戦術)”以前に
コンセプトとコピーライティングという“戦略”が必要なのです。

小さな会社のための経営戦略の元祖と言える
ランチェスターの戦略では、
7:3の法則というものがあり、

【戦略:戦術=7:3】

だと言われています。

つまり、ビジネスの成否の
『7割は戦略で決まる』のです。

※今は競合が多く、
戦術では差がつきにくいので
「8割は戦略で決まる」とも言われています。

 

だからこそ、まずは

========
・商品力(コンセプト力)
・メッセージ力(コピーライティング力)
========

この2つが大前提として必要なのです。

しかもこれはSNSだけに限らず
ビジネス全般に言えます。

 

逆を言えば、「コンセプト」と
「コピーライティング」さえうまく行けば、
SNS以外に何を使ってもうまく行くとも言えます。

僕のクライアントさんで
今の時代に飛び込み営業で
ガンガン収益を上げている人がいますが、

これもコンセプトとコピーライティング、
いわゆる「戦略」の部分がしっかりと
できているからですね。

 

——————
SNSでも魅力的な商品があって
それを魅力的な文章で伝えることができれば
確実に反応してくれる人は増えます。
——————

正直、SNSを活用している人の9割は
他の人と同じような商品を売ろうとしているので
(ハッキリ言うと魅力的ではない商品を)
スルーされている例が多いので…

頑張ってSNSで「電球をほしがる人」を
探してもそりゃ難しいですよね?(汗

でも、知らずに同じようなことを
やってしまっているのです。
(自分のことは自分が1番分からないので)

なので、ぜひこの機会に
ご自身の扱う商品やサービス、
メッセージの見直しをしていただければ幸いです。