地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

サロンや飲食店等の店舗ビジネスは新規集客よりも流出顧客対策の理由

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『サロンや飲食店等の店舗ビジネスは新規集客よりも流出顧客対策の理由』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


本日は、飲食店、小売店、サロン、
美容院、治療院など店舗ビジネスに必須な
流出顧客対策の有効性についてお話します。

—————–
店舗ビジネスの場合、特に
この流出顧客をいかに減らすか?
の対策が必須になります。
—————–

また、流出顧客とは、
1度は来店して商品・サービスを
購入してくれたのに、それ以来
来店がないお客様のことです。

バケツで例えるのはいけませんが、
もしバケツの底に穴が空いていたら
いくら水を入れてもたまりませんよね?

それと同じように
お客様が来てくれたのに
それっきりになっていたらずっと
新規のお客様を集め続けないといけないので
なかなか経営は安定しません。

なので、

この流出顧客対策は、
それこそ新規顧客対策以上に
やる必要があるのです。

==========
特に、新規顧客を獲得するコストは
集客の中で1番お金がかかる部分です。
==========

お客様を集めるためには
まずお店のことを知ってもらって
→興味を持ってもらって
→来店(行動)してもらう必要があります。

ただ、待っているだけでは
お客様は来てくれないので、

・チラシを出す
・ホームページを作る
・広告を出す

などなど、
告知活動が必要となりますよね?

でも、それってすべて
コストがかかります。

〜〜〜〜〜〜〜〜
そして、繰り返しますが、
新規のお客様はまだあなたのお店のことを
知らない人も多いので、

まずお店のことを知ってもらって
→興味を持ってもらって
→来店(行動)してもらう

この3段階をクリアする必要があるので
集客の中で1番お金がかかる活動なのです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

だからこそ、新規顧客ではなく
1度は来店してくれた既存客・購入客への
集客(告知活動)が重要となってきます。

そういったお客様の場合は、
すでにお店のことを知っていて
なおかつ興味を持ってくれている
可能性が高いので、

→来店(行動)してもらう

この1段階をクリアするだけでいいので、
集客コストが格段に安いからです。

—————–
特に、小さな店舗であればあるほど
資金力が不足しているので、集客コストの高い
新規顧客対策にお金をかけ続けるのは、
かなり厳しいと言わざるを得ません。
—————–

新規顧客対策は資金力のある
大手が得意とするところで、
まともに戦っても勝てないのもあるので

やはり中小企業や小さな店舗は
流出顧客対策など集客コストが
なるべくかからない活動を
行っていただければと思います。

(具体的な方法については長くなるので
また次の機会にお話したいと思います)

ご参考になれば幸いです。