地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

ブログ,SNS,Youtube,これらの集客で覚えておく顧客層の違いとは?

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『ブログ,SNS,Youtube,これらの集客で覚えておく顧客層の違いとは?』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


昨日は2タイプの新規顧客について
お話させていただきました。

簡単に復習すると、

=======
「今すぐ客」
「そのうち客」
=======

の2タイプですね。

今すぐ客とは、まさに今あなたのターゲットとなるお客様であり、
すぐに商品を買う可能性がある方で、

そのうち客というのは、今はまだあなたのターゲットではありませんが、
そのうちあなたの商品を買ってくれる可能性がある方のことです。

そして、

今すぐ客とそのうち客では、あなたの商品への“興味具合”が違うので
売る商品も変える必要があります。

また、

~~~~~~~~
実は今すぐ客とそのうち客は明確にどちらかに分けられるのではなく、
今すぐ客に近いそのうち客もいればよりそのうち客に近いそのうち客もいます。

つまり、0~10点で表すとしたら

※0に近いほどそのうち客度が強い
10に近いほど今すぐ客度が強い

1点のそのうち客もいれば
4点のそのうち客もいる
そんな感じですね。
~~~~~~~~

そこで今回は、
特に2タイプの判断が難しいWEB集客の場合、
どの媒体からくるお客様が点数が高いかをお話したいと思います。

早速、結論ですが、

—————
●ブログ集客:5点
→ブログは実はちょうど中間あたりです。

そのうち客に分類する方が多いですが、
検索経由で来る方が多く

「自分から検索している」

ということはそれだけ積極的に探していることでもあるので
濃いお客様である可能性が高いのです。

※ただし、検索経由でないお客様は
そのうち客になります。

●SNS集客:1~3点
→完全なそのうち客ですね。

一度リアルで会ってそこから友だちになった
とかであれば別ですが
(それはリアル集客での点数になるので)
SNSは全般的にそのうち客になります。

というのもSNSはお客様からすると
“何か興味を持ってSNSを見ているわではなく”
なんとなく見ている方が多いので、

先ほどの検索経由のように積極的もなく
完全なそのうち客と言ってもいいです。

●ホームページ集客:7~9点
→今後は逆に今すぐ客です。

ここもどこからホームページに
やってきたかによって点数は変わってきますが、
わざわざあなたのホームページに来るというのは
かなり濃いお客様の可能性が高いです。

あなたも直接その商品やサービスに
興味がないとわざわざホームページを見たりしませんよね?

つまり、ホームページを見るということは
商品・サービスを“購入しよう”と考えている
検討段階である可能性が高いので、
今すぐ客である確率も高いのです。

ただし、ホームページ内ブログを書いている場合は
ブログに来た方はブログ集客(5点)に分類され、
ホームページのTOPページに来た方は
ホームページ集客(7~9点)に分類されます。

●動画集客:3~6点
→ここはなかなか判断が難しいです。

というのも動画集客となると
主にYoutubeを使うことになりますが、
Youtubeでは

・検索経由
・関連動画経由

の主に2つの経路があるからです。

そして、もちろん検索経由から来る方は
見込み度が高く(6点)今すぐ客よりです。

※ブログより点数が高いのは
動画の場合はより関係性を作れるから

逆に、関連動画経由の場合は
SNSと同じように他の動画を見ていて
たまたま来る方もいるので、
そのうち客よりになります。

■Google広告(Yahoo広告)
リスティング広告:5~7点
→キーワードによって変わりますが、
今すぐ客よりの広告です。

リスティング広告は
別名「検索連動型」の広告です。

昨日お伝えさせていただいたように
“検索経由で来るお客様は見込み度が高い”
という特徴があります。

“自分から”検索するので、
やはりその分興味度も高いのです。

どんなキーワードで広告が出るかによって
多少の違いはありますが、やはり今すぐ客よりですね。

■Google広告(Yahoo広告)
ディスプレイ広告:1~3点
→そのうち客がほとんどです。

リスティング広告と違い、
ディスプレイ広告はインターネットで
何かサイトを見ている人に
広告画像(ディスプレイ)を表示する広告なので、
あまり点数は高くありません。

つまり、

あなたの商品に
興味があるかどうかは別として広告を表示するので
やはりリスティング広告に比べるとかなり点数は落ちますね。

ただし、
ディスプレイ広告にも色々な種類があり、
特にリマーケティング広告と呼ばれるものは
1度あなたのサイトに来てくれた人に出す広告なので、
5点以上(4~8点)ある場合も多いです。

(以前のサイトへの経由によって変わるので
かなり点数には幅がありますが)

■SNS広告:1~3点
(Facebookやインスタ広告)
→こちらも同様にそのうち客です。

昨日のSNS集客と同様に、
SNSを見ている人は商品を探しているわけではなく、
他の人の投稿などを目的に見ている人がほとんどなので、
そのうち客がメインになります。

つまり、いきなり商品を販売しても
買ってくれるのはかなり難しいので、
(特に高額商品の場合)
まずはお試し商品や無料商品などを
売っていくのが基本です。
————-

以上、各WEB集客法の違いによる
お客様の見込み度(今すぐ客orそのうち客)を
お話させていただきました。

ただし、ここで注意してほしいのが
もちろん今すぐ客の方が商品購入に近いお客様ですが、
その分ライバルも多く激戦区でもあります。

そのうち客であれば、今すぐ客よりも
人数が多いですしライバルも少ないので、

~~~~~
“そのうち客→今すぐ客に
ステップアップしてもらう”
~~~~~

そんな集客もかなり有効です。

つまり、

販売商品を変えるなど、
今すぐ客かそのうち客かによって
集客法を変える必要があるだけで、

どちらのお客様も集客として有効なので
ぜひ今すぐ客だけでなくそのうち客も
集客の対象として実践いただければと思います。

少しでもご参考になれば幸いです。

清永 仁
地方・田舎の「自営業者、社員10名未満の社長へ」
ストックビジネスを活用した
地方・田舎でも集客できる3大メソッドを公開!
清永 仁
全3回の動画セミナーを下記からご覧ください