地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

業者はNG?ランディングページ(LP)を自分で作ると成果が上がるワケ

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『業者はNG?ランディングページ(LP)を自分で作ると成果が上がるワケ』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


今は昔と違って本当に
HPやLPを作りやすくなって
比較的簡単に自作すること
できるようになりました。

 


HP=ホームページ
LP=ランディングページ

の略です。

 

昔は業者やデザイナーに
頼まないとできなかったので…

 

ただ、自作できるようになっても
やはり業者に頼むメリットもあり、
自作とは違ったクオリティの
HPやLPができあがります。

 

中にはひどい業者もいますが
(ぼったくりの業者など)
ひと目で

「キレイ」
「かっこいい」

と思えるようなHPやLPを
作ってくれるでしょう。

 

僕自身も今はデザイナーに
HPやLP作りを依頼しており、
クオリティを重視しています。

 

ですが、僕は
最初に作るHPやLPは
できるだけ自分で作る
ことをオススメしております。

(特に、LPは自作推奨です)

 

理由としては、
業者やデザイナーに頼む
弱点ではありますが、

少しの変更点で修正費を
取られたり、

なにより

修正するまでに時間がかかる
ことが多々あるからです。

 

そして、特にこれから
HPやLPを作る場合は、
あまりお金をかけたくないのが
本音でしょうし、

一度作ったHPやLPを修正する
こともあると思います。

 

たとえば、

LPは集客用のHPとして
利用することになりますが、

特に集客はお客様に商品の
魅力を伝えることが重要なので

LPに書かれている文章が
集客率を左右します。

 

ということは、
LPに関して言えば、
より集客率を高めるために
LPの文章(画像も)を変更して、

よりいいものに改善するのは
必要不可欠な作業なのです。

 

※「ABテスト」と言います。

 

僕もLPを作った当時は
なんとか自分で作り、
少しでも集客率を高めるために

キャッチコピーを変えたり
TOPの画像を変えたり
商品説明の内容を変えたり

などをやっておりました。

 

(これらの作業が大体
終わったので今はデザイナーに
作ってもらっています)

 

実はLPはこんな地道な
修正作業があるからこそ
徐々に成果が上がってくる
のです。

 

やはりLPを出しても
そのLPでしっかりお客様が
反応してくれるか分からないので

世に出してみて、
お客様の反応を見ながら
修正改善が不可欠ですので。

 

ちなみに、
アナリティクスなどの
アクセス解析やヒートマップ
という技術を使えば細かく
お客様の反応度も分かります。

(ヒートマップは
また今後のブログで
説明しますね)

 

でも、

LPを業者に頼んでしまうと
その修正の度に修正費や
時間がかかるので、

ビジネスの加速度が
かなり落ちてしまいます。

 

だからこそ、僕は
特に最初はHPやLPを
極力自作で作ることを
オススメしています。

 

もちろんクオリティは
落ちますが、実は
「キレイ」「かっこいい」は
あまり集客には影響しない
ので
そこまで気にする必要もないです。

 

※ここは実際に
テストしてみて
分かった結果です。

 

10年前のデザインや
スマホ対応してしないなど
あまりに古すぎる
デザインはさすがにダメですが^^;

 

それよりも
何度も言うようですが
HPやLPに書かれている文章です。

ここが集客率を大きく左右します。

(特にキャッチコピーはめちゃめちゃ大切です)

 

そして、
肝心の自作方法ですが
ここも話すと長くなるので
(正直、文章では難しいので)

自作に利用できるWEB上の
サービスを紹介させていただきますね。

 

ホームページの場合は

・ワードプレス
・WIX
・Jimdo

 

ランディングページの場合は

・ペライチ
・カラフル

※カラフルは有料でしか
使えませんが(8000円ほど)
買い切りなので一度払うと
後はずっと無料です。

 

これらのサービスは
比較的ネットが苦手な人でも
本を片手に集中してやれば
作れると思いますので、

ぜひ自作HP・LPに
挑戦していただければ幸いです。
(^^)

 

僕も当時は本とにらめっこ
しながら頑張って作りました。笑

本日も最後までご覧いただき
まことにありがとうございます。