地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

中小企業に有効なSNSを活用した2次集客の仕組みを作るコツとは?

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『中小企業に有効なSNSを活用した2次集客の仕組みを作るコツとは?』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


本日は「2次集客」の方法について
解説したいと思います。

ところで2次集客とは簡単に言うと

========
あなたのお客様を営業マンに変えて
かわりに集客をしてもらうことです。
========

お客様が営業マンとなって
集客をしてくれたらこれほど
楽なことはないですよね?

(特に、小さな会社ほど人材が少ないので
この2次集客はぜひとも取り組んで
いただければと思います)

それではその方法ですが、
タネを明かしてしまえば難しいことではなく、
ご存じの方も多いのですが、

—————
SNSを使ってあなたの商品・サービスを
紹介してもらうことです。

ちなみに重要なのは、

・お客様が「思わず」SNSで
投稿したくなる仕組みを作ること

・しっかりと「声がけ」をして
SNSへの投稿を促すこと

この2つを徹底することです。
—————

「知っている」=「できている」
ではないので、上記の2つをしっかりと
徹底することがとても重要になります。

たとえば、店舗ビジネスであれば

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・写真スペースをあらかじめ用意して
そこで写真を撮ることをオススメする

→僕の知っているソフトクリーム屋では
商品を受け取るとレジの後ろにある
写真スペースで(といってもお店の通路ですが)

「みんな写真を撮っていので、
良かったらお客様も記念にどうぞ」

と言って撮影に誘導しています。

・お店の前に顔なしパネルを用意して
見ただけで撮影したくなる工夫をする

→少々お金がかかりますが、
顔なしパネルはかなり有効です。

(一定数のお客様が自分の顔をパネルに合わせて
撮影してSNSに投稿してくれますので)

他にも無店舗ビジネスでも

・サービスを受けた感想などを
良かったらSNSで投稿してもらうことを促す
(一緒に写真を撮ったり
何か特典があるといいかもですね)

→店舗ビジネスと違うのは
積極的な声がけが必要となることですが、

サービス業であればサービスの感想を
そのまま載せていただけるので、
お客様の声としてそのまま使えかなり効果的です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

SNSを活用して、お客様にどんどん
あなたの商品やサービスについて投稿していただければ

2次、3次と勝手に集客の輪が広がっていきますので、
ぜひ実践していただければと思います。

ただ単にSNSを使っているだけだと
もったいないので、戦略的に活用して
(お客様が積極的に撮影したくなる仕組み等)
集客にいかしてくださいね。

ご参考になれば幸いです。

清永 仁
地方・田舎の「自営業者、社員10名未満の社長へ