地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

東大生が活用するコピーライティングの作り方。集客するコツとは?

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『東大生が活用するコピーライティングの作り方。集客するコツとは?』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


突然ですが質問です。

あなたは本日のメルマガタイトルに
「東大生」とあったから気になって
このメールを読んでいませんか?

==========
実はこれコピーライティングの1つの心理テクニック
「権威性」を使ったやり方なのです。
==========

その効果を実感して欲しくて
「東大生」という単語を使わせていただきました。

なので、具体的に東大生が使う
コピーライティングはないので申し訳ございませんm(__)m

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ただ、コピーライティングは

「いかに言葉の力だけで感情を動かすか?」

が非常に大事なのでそのために「人間の心理」を
知っておくことは不可欠になります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そして、繰り返しますが
本日はその人間の心理の一つ
「権威性」を使ってキャッチコピーを
作らせていただきました。

 

一般的に「東大生」というと
日本で1番頭がいい学生ですよね?

東大生という権威がある人(頭がいい人)が使う
コピーライティングとはなんだろう?

そういった感情をついているのです。

 

試しに大きな本屋さんの
ビジネス書コーナーに行ってみてください。

「東大生の〜」「東大生が教える〜」
というタイトルの本がたくさんありますので。

これはやはりそういった
権威性を出したタイトルの本は売れやすい
(手にとってもらいやすい)からです。

他にも

————————
・医者が教える〜
・コンサルタントが教える〜
・ホリエモンの〜
・ユダヤ人の〜
————————

などなど、権威性を使った
キャッチコピーは本当に多いです。

 

これはやはり人間は権威のある人が言うことは
“特別な理由がなくても“無意識に信じてしまう傾向があるからだと
僕が思っております。

やはり病院に行ってお医者さんに

「◯◯しなさい」
「◯◯はしてはいけない」

と言われると理由を聞いたりせず、
「分かりました」となりますよね?

これが「権威」の力です。

 

権威のある人の言うことは
無意識に信じてしまう心理が
(時に日本人は)あるってことですね。

なので、

あなたがキャッチコピーなど
コピーを書く際はこういった心理テクニックを
色々と使い分けて利用していただければ幸いです。

「権威性」以外にもたくさんの
コピーライティングの心理テクニックは
ありますので。

ご参考になればと思います。

清永 仁
地方・田舎でも安定して売上をグッと高める方法とは?
↓↓無料セミナー動画を公開中↓↓