地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

稼ぐお客様アンケートに不可欠な3つの項目とは?作り方のコツ

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『稼ぐお客様アンケートに不可欠な3つの項目とは?作り方のコツ』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


本日はアンケートなどで
お客様からぜひ聞きたい3つの項目
についてお話したいと思います。

僕は常日頃から答えはすべて
お客様が握っていると考えています。

ビジネスというのは
お客様がお金を出して商品やサービスを
購入してくれることで成り立ちます。

なので、

〜〜〜〜〜〜〜〜
自分がいくらこれは絶対儲かる!
と思ってもお客様が購入してくれないと
それは失敗です。

そして、購入した理由もそうですが、
購入しなかった理由もすべて
お客様の頭の中にあります。

ということは、1番手っ取り早いのは
「お客様に直接確認すること」です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ただ、購入しなかったお客様に対しては
直接聞くのは難しいので、

(たとえば、商品を買わずに素通りした
お客様を呼び止めてなぜ買わなかったかを
聞くのは難しいので)

基本的には、購入客に対して
「売れた理由」をできるだけ
聞いてほしいと思います。

では、そのために問題になるのは
“何を聞けばいいのか?”ですよね。

そこで今回は僕がお客様に聞いている
3つの項目についてお伝えしたいと思います。

—————
ちなみに、アンケートで確認する場合は
チェック方式ではなく、極力「自由記載方式」で
書いていただてくださいね。
—————

お客様の頭の中を探るので
直接言葉にしてもらえないと
本当のところは分からないからです。

(商品の満足度が高いとしても
“何が”良かったのか判断できない)

それではその3つの項目ですが、

=========
・他社の商品でなく、
自社の商品を購入した決め手とは?

・自社の商品でもっとも満足した点
または印象に残ったところは?

・今の商品にさらに機能やサービスを
追加するとすればどんなものがあるといいですか?

※もしアンケートを
お客様の声として使用するのであれば、
最後は「他の人にオススメする理由」がいいですね。
=========

そして、何度も言うようですが、
アンケート形式で紙に書いてもらう場合は
これを自由記載で書いていただいてください。

また、ポイントとしてはなるべく
お客様が答えやすいように

「他社の商品でなく〜」
満足した点または「印象に残った点」
「もし追加するとすれば」

などなど、聞く内容を工夫することも重要です。

たとえば、

ただ満足した点だけを聞いても
パッと出てこなくても「印象に残った点」であれば
印象に残ったことなので、満足した点よりも
頭に浮かびやすいと思うからです。

ぜひこの3つを参考に
お客様の頭の中を探るということを
実践していただければと思います。

ご参考になれば幸いです。