地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

緊急事態宣言の中、2020年のゴールデンウィーク集客の方法とは?

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『緊急事態宣言の中、2020年のゴールデンウィーク集客の方法とは?』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


GW(ゴールデンウィーク)に入りましたね。

————–
例年であれば、GWの時期になると
大企業や中堅企業がこぞって広告を出すので
集客の効果はかなり落ちます。
————–

なので、僕も
GW・お盆・年末年始などの
大型連休は広告費を減らすのですが
今年はコロナの影響で
かなり違った傾向になると思います。

GWなのに緊急事態宣言で
外に出ることもできず、

でも、仕事も休みなので
家や近くの公園などに行く人が
かなり多いでしょう。

そんな時、
何をする人が増えると思いますか?

ちょっと質問が漠然としていますね。

答えを言うと、

「スマホを見ている人が
例年のGW以上に増える」

と思います。

もともとGWは
スマホを見る人が増えるので
大企業がWEBへの広告費を大きく増やします。

しかし、

今年は例年以上に
スマホを見る人が増え、
しかも、今年はそんな大企業が
広告費を増やさない可能性が高いです。

現状もコロナの影響で
多くの企業は広告費を減らしています。

特に、自宅で完結できない商品は
広告を出しても効果を見込めないですからね。

この傾向はGWになっても続き、
ということは

============
■例年のGW

スマホを見る人が増える

→多くの企業がWEBへの広告費を増やす

→個人の集客(特にWEB広告)が難しくなる

■今年のGW

スマホを見る人が例年以上に増える

→コロナの影響で
多くの企業が広告を出さない

→個人の集客、特にWEB広告の
効果が上がる可能性が高い
============

僕は今年のGWは
このような傾向になると考えています。

つまり、今年のWEB広告は
個人や小さな会社にとっては
かなり効果が高いと見ています。

注意が必要なのは、
もちろん業種によっては
この傾向に当てはまらないですし、

なにより

人を“外に出す”ような広告は
控えてくださいね。

売上も大事ですが、
やはり人命最優先で
今は感染者を増やさないことが
もっとも優先されるべきなので。

まとめると、

「自宅で完結できる商品」の場合は
今年のGWは特にWEB広告の効果が倍増する
可能性があるのでオススメしております。

また、WEB広告がもっともオススメですが、
他のWEB集客の媒体(ブログやSNS、Youtube)も
効果が上がると思いますので、
そちらもオススメです。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。