褒めることは絶対に必要である

【褒めることが必要な理由】

社員のモチベーション(やる気)を上げるには、褒めることは絶対に必要です。

なぜならば、社員のモチベーションを上げるには、
まず「やってやろう!」とその気にさせることが必要であり、
そのためには、”自分はできる”と自信を持ってもらうことが大切だからです。

考えてみてください。

あなたはどんなときにその気になりますか?
「自分にはできないな」と思ったことにその気になりますか?
自信のないことにその気になりますか?

多分、ほとんどの方がその気にはならないはずです。

ここで言いたいのは、
人は『自分ができると思ったこと』『自信があること』にしかその気にはならない
ということです。

だから、社員をその気にさせてモチベーションを上げたいならば、
まずは良いところをどんどん褒めて自信を持ってもらい、
「自分はできるんだ!」と思ってもらうことが必要なのです。

【褒める上での1つの注意点】

それは、
ただ褒めるだけでは効果がうすいことです。

「社員のモチベーションを上げるには、褒めることは重要である」
ということを、多分1度は聞いたことがあると思います。

その言葉をそのまま受け止め、「とにかく社員を褒めればいいのだろう」と、
”ただ褒めているだけ”の方がいます。

特徴としては、

・過剰に褒める
・具体的にどこが褒めるポイントだったかを言わない
・感情がこもっていない

などです。

社員からすれば、ちゃんと褒められたかどうかは分かるものです。
そんな褒め方では、社員をその気にさせるのは不可能です。

要は、言い方は悪いですが、
褒め方にもレベルがあり、低いレベルの褒め方だと効果はうすいということです。

次の記事へ続く
【具体的な褒め方は?】

清永 仁
地方・田舎の「自営業者、社員10名未満の会社へ」
3つのストックビジネスを駆使した
“地方だから集客できる”秘訣を公開中!
清永 仁
全5回の動画講座を今すぐ無料でご覧ください