地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

1つの店で複数ビジネスをGoogleマイビジネスに登録する3つのポイント

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『1つの店で複数ビジネスをGoogleマイビジネスに登録する3つのポイント』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


本日はクライアントさんから
質問がありましたので、また
共有させていただきたいと思います。

その質問とは、

———————
同じ店舗内に複数の事業があるのですが、
住所が同じでもGoogleマイビジネスを
もう一つ作れますか?
———————

ということです。

結論から言いますが、

———————
同じ住所や店舗で複数の
Googleマイビジネスは作れます。
———————

ただし、もちろん普通に作っても
重複認定される可能性が高いので、
複数作るためには条件があります。

その条件とは、

==========
ホームページは事業ごとに
違うものを用意すること

電話番号も違うものを
用意すること(携帯電話でも可)
==========

なので、簡単に言うと
ホームページと電話番号が違えば
重複認定されずに同じ住所でも
Googleマイビジネスに登録することが可能です。

※細かい点ですが、
ホームページURLは
「別ドメイン」で作成してください。

・leadclover.com
・leadclover.com/○○

など、最初が同じURLだと
ダメですので注意しましょう。

ただし、

困ったことにGoogleもAIが判別しているので
ホームページと電話番号が違っても
重複認定されてしまう可能性もあります。

〜〜〜〜〜〜〜〜
なので、念のために
Googleマイビジネスの管理画面にある
「店舗コード」も事業ごとに
ご入力していただけると幸いです。

「店舗コード」任意のIDとして
こちらが設定できるコードなので、
これが事業ごとに別々のコードだと
Googleにも「違う事業ですよ」と
伝えることができますので。
〜〜〜〜〜〜〜〜

ぜひ複数の事業がある場合は、
この方法を参考にGoogleマイビジネスを
作成していただければと思います。

清永 仁
地方・田舎の「自営業者、社員10名未満の社長へ」
⇒今なら無料オンライン講座を公開中!