地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

2つのクロージングテクニックで購入・成約率を倍増させるコツ

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『2つのクロージングテクニックで購入・成約率を倍増させるコツ』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


本日は天国型セールスと
地獄型セールスについて
お話したいと思います。

少し物騒な言い方ですが、
セールス方法は大きく分けて
2つに分かれます。

========
1つは天国型のセールスで
これは簡単に言うと、お客様に

「この商品を買うと
(またはサービスを受けると)
こんないい事がありますよ」

と、商品を買うことによるメリット
(いい未来が手に入る)を訴求する方法です。
========

そして、

========
もう1つが地獄型のセールスで
これは先ほどとは逆で、お客様に

「この商品を買わないと
(またはサービスを受けないと)
こんな悪い事がありますよ」

と、商品を買わないことによるデメリット
(悪い事がおこる)を訴求する方法です。
========

ここで質問ですが、
この天国型のセールスと
地獄型のセールス、あなたは
どちらがより売れやすいと思いますか?

早速、答えを言いますが、
一般的には天国型のセールスを
している人がほとんどですが
(おそらく8〜9割の人や会社は天国型)

実は地獄型セールスの方が
購入率・成約率は高い傾向にあります。

———–
これはなぜかと言うと、人は

「何かが手に入る」よりも
「何かを失う」ことの方が

より行動を起こすからです。
(人間の心理として明かになっています)
———–

もしコインを投げて
「表だったら100万円が手に入る」

でも、
「裏だったら100万円を失います」

というと多くの人が
コインを“投げない”ことを選択します。

つまり、失うことが怖いので、
そもそもこのゲームをしない
(コインを投げない)選択をするのです。

だからこそ、
地獄型のセールスの方が
より売れやすいセールス方法になります。

ただし、

〜〜〜〜〜〜〜〜
その分この地獄型はデメリットもあり、
お客様との信頼関係を一歩間違えれば
失う危険性もあります。
〜〜〜〜〜〜〜〜

「この商品を買わないと
こんな悪いことが待ってますよ」

と言ってセールスをするのは
お客様からすると「売り込み」をされている
そんな風に感じるからです。

売り込みをされるのはやはり嫌なので、
お客様が離れていく危険性があるのです。

できるだけ売り込みっぽくなく
この地獄型のセールスを使わないと
その時は売れたとしても、

長い目で見ると売上が下がる
可能性があります。

なので、
上手い人は天国型のセールスの中に
地獄型も混ぜてやっています。

そこで、これまで天国型のセールスしか
やっておらずなかなか商品が売れない…
そんな場合はこの地獄型のセールスも
混ぜることができないか?

そんな視点でこれまでのセールス法を
今一度、見直していただければ幸いです。

また、お客様との関係性の強さによっても
天国型・地獄型セールスの使い方は
変わってくるのですが、
長くなってしまうのでまた
今後のメルマガで話しますね。

少しでもご参考になればと思います。