地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

2020年の令和以後、地方や田舎で売上をあげていくための2つの対策法

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『2020年の令和以後、地方や田舎で売上をあげていくための2つの対策法』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


正直言って、今後の地方集客は
戦略的に経営をやっていかないと
どんどん不利になっていきます。

というのも、まず大前提として

人口減少時代でこれからは
特に地方では、人口がますます
減っていくことが予想されるからです。

ただ単に経営をやっているだけでは
もう生き残ることはできません。

逆に都市では、
人口一点集中で増えているので
あまり意識することはないですが。

やはりビジネスをする上で
「人が多い」というのはかなり有利です。

ビジネスは商品とお金の等価交換になるので、
等価交換をするお客様が多いほど
やはり有利だからです。

極端な例ですが、

人口1000人の町と人口1万人の町では
等価交換できる人数が違うので、
売上をあげるための難易度も違いますよね?

まぁもちろん競合の数にも
左右されるので一概には言えませんが、
人口が多いに越したことはありません。

それではどうすればいいかというと、

人口が少ない・人口が減少していく
こういった状況に適した戦略を持って
経営を行っていくことが必要です。

具体的には、

——————
まず利益率を重視した経営を行うこと
——————

利益=売上ー費用です。

そして、今後は売上をあげていくのは
人口が減少していく中かなり難しくなります。

なので、特に価格を安くして
たくさんの人に売るそういった戦略は
かなり難易度が高いです。

マクドナルドでも高価格戦略に
舵を切っていますからね。

では、どうするかと言うと、
とにかく利益を重視した経営、
たとえば

~~~~~~~~
・なるべく客単価をあげる
(高単価商品の販売など)

・集客コストがかからない
リピーター戦略を行う

・地域、商品、客層などを
一点集中してシェアNO.1を狙う
~~~~~~~~

最後はランチェスター戦略なので
また今後のメルマガで話しますが、
(話すと長くなるので)

こういった“売上重視”ではなく、
“利益重視”の経営を行うことが
特に地方や田舎では必須です。

日本企業は、売上を重視する傾向があるので
これを変えていく必要があるのです。

(融資の関係などもからんできますので
売上重視が必要となるケースもありますが)

他には、

——————
客数を増やす経営を行うこと
——————

利益重視の考えが1番重要ですが、
人口減少時代だからこそ客数を増やす戦略も
やっていくことが大事です。

具体的には、

~~~~~~~~
・宅配サービスを行う

・訪問サービスを行う

・通販も行う

・イベント等でコミュニティを作る

・お持ち帰り商品化を行う
~~~~~~~~

などなど、特に高齢社会になる日本では
“待ち営業”でなく、こちらから行く
“攻め営業”の考えが必要となります。

フットワークが重い人が増えてくるので
それに合わせた経営で客数を増やして行く
そんな戦略も必須です。

以上、2020年のはじめから
地方経営はこれから厳しくなると
ネガティブな内容ではありましたが、

今のうちから知っておき、
対策を考えるべきことなので
ぜひ頭に入れておいてくださいね。

ご参考になれば幸いです。

清永 仁
地方・田舎の「自営業者、社員10名未満の社長へ」
⇒地方集客のオンライン講座を無料公開!
ストックビジネスを駆使した
地方集客の3大メソッドとは?
清永 仁
地方だから集客できる
全3回のセミナー講座今すぐご覧ください