地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

2020年8月最新!ZOOMでパワポスライドのバーチャル背景機能の使い方

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『2020年8月最新!ZOOMでパワポスライドのバーチャル背景機能の使い方』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。


ZOOMでPowerPointや
Keynoteのスライドを使って、

セミナーやプレゼンを
する場合に有効な機能が
追加されました!

 

どんな機能かと言うと、

 

「スライド上に自分の顔を
表示できる」機能です。

 

パワポやKeynoteのスライドを
画面共有しながら
セミナーやプレゼンって
どうしてもスライドが中心で、

動きがないので、
受講者の方の集中力が
低下しやすい
んですよね…

 

一応、自分の顔はスライドの
上に表示されているのですが、
かなり小さいのもあり、

やはり画面上には
スライドの画面が中心と
なってしまいます(-_-;)

 

スライドに動きを付ける、
手書きにするなどの対策で
僕自身はこれまで集中力が
切れない対策をやっていましたが、

今回追加された機能を使えば
スライド“上”に自分を表示できるので、
その心配も無くなりそうです。

(^^)

 

(自分の顔の大きさや位置も
自由に変えれるので、
邪魔にならない位置に
持っていくこともできます)

 

この機能を使えば、
画面にスライドだけで動きがない

という問題を解決できるので
受講者の集中力の低下をかなり
防ぐことができると思います。

 

ただ、リアルのセミナーや
プレゼンと違い、
体全体が映るわけではないので
限界はありますが…

 

それでも、

スライドの指差しプレゼン
みたいなことも可能になる
ので、
かなり効果的な機能であることは
間違いないでしょう!

 

しかも、録画もできるので、
自分の顔とスライドを
“同時撮影”しながら
動画を作ることもできます。

Youtubeなどにも大いに
活用できそうですね(^^)

 

ただ、使うためのやり方が
少し特殊なので注意してくださいね。

普通に画面共有や
バーチャル背景に設定しても
この機能は使えませんので。

 

使い方としては、

=======

【1】
ZOOMでミーティング中に
「画面共有」を押す

 

【2】
画面共有を選ぶ画面の
1番上に

「ベーシック」
「詳細」
「ファイル」

とあるので、
「詳細」を押す

 

【3】
左上に出てくる

「バーチャル背景として
PowerPoint」

を選んで共有ボタンを押す

 

【4】
パワポやKeynoteの
ファイルを選ぶ

=======

 

これで使うことができますので、
ぜひ試してみてくださいね!

本日も最後までお読みいただき
まことにありがとうございます。

清永 仁
地方・田舎の「自営業者、社員10名未満の社長へ」
ストックビジネスを活用した
地方・田舎でも集客できる3大メソッドを公開!
清永 仁
全3回の動画セミナーを下記からご覧ください