地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

3つの手順でビジネスモデルを構築するSTPマーケティングを解説

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『3つの手順でビジネスモデルを構築するSTPマーケティング』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


本日はぜひ知っておいてほしい
「STPマーケティング」について
お話したいと思います。

ビジネスを始める際や見直しの際に
非常に役に立つものですので、
ぜひ覚えておいてくださいね。

ちなみに、STPとは重要な3つの
それぞれ頭文字をとったものです。

それでは早速STPとはなにかに
ついてですが、

=============
【1】セグメンテーション
最初の「S」はセグメンテーションです。

セグメンテーションとは、簡単に言うと
“お客様を分ける”こと。

昔と違い、今はお客様のニーズは
本当に様々です。

なので、ニーズによってお客様を
それぞれ分けることが必要になるのです。

(お客様を分けるという表現は
あまり好きではないですが)

※ニーズとは簡単に言うと、
「お客様が必要としているもの」
と思っていただければと思います。

また、昔と比べて今は
このセグメンテーションが
かなり重要になっています。

なぜかというと、
先ほども言ったようにお客様のニーズが
本当に様々で昔よりも種類が多く、

“ニーズごと”にお客様を分けて
ターゲットの絞り込みをしないと
あなたの商品に見向きもしてくれないからです。

つまり、

お客様を分けるから
選んでもらえるのでなく、
ニーズが様々だからそれに合わせて
分けることでやっと選んでもらえるのです。

【2】ターゲティング
「T」はターゲティングのTになります。

お客様をニーズによって
分けることが必要となりますが、

次はその分けたニーズに対して
あなたがお客様に提供できる
(満たすことができる)ニーズを
決めることが必要となります。

つまり、分けたニーズの中から
あなたを1番選んでくれるお客様を
一つに決めることです。

万人のニーズを満たすことは
今の時代、正直不可能ですので、
ニーズを個別に分けた上で
あなたが得意とするお客様だけに
絞ることが必要なんですね。

【3】ポジショニング
最後の「P」はポジショニングです。

ここは競合やライバルを調べることです。

たとえば、

あなたの商品・サービスで
ニーズ満たすことができる
お客様を決めたとします。

でも、そこに自分よりも強い
ライバルがいたらやはりあなたを
選んではくれないですよね?

人は同じニーズを満たすことが
できるものであれば、より安い方
より信用できる方に流れますので。

なので、ライバルがいないor弱い
ポジションを見つけてそこで戦う
ことが必要となるのです。
=============

以上、STPマーケティングについて
簡単にですが、ご説明させていただきました。

昔のようにお客様を決めず、
ライバルのことを調べもせずに
ビジネスを軌道に乗せることは
正直、不可能ですので、

ぜひこのSTPマーケティングを
覚えておいていただければと思います。

ご参考になれば幸いです。

清永 仁
地方・田舎の「自営業者、社員10名未満の社長へ