地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

iPhoneやAndroidをPCのウェブカメラとして使うやり方。注意点も

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『iPhoneやAndroidをPCのウェブカメラとして使うやり方。注意点も』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


本日の内容ですが外出自粛により
今Webカメラの需要が高まってますが、

地域によっては品切れになったりと
なかなか手に入らない状況でもあります。

そこで今回スマホをWebカメラとして
使う方法についてお話したいと思います。

方法の前にまずメリット・デメリットですが、
主にスマホのカメラを使いますので

————
【メリット】
・画質が良い
(スマホの画質に依存しますが
一般のWebカメラよりもキレイです)

・iPhoneでもAndroidでも使える

・明るさ調整や拡大(ズーム)もできる

・もちろんZOOMやスカイプでも使える

・iPhoneの場合だとマイクとしても使えるようです
(僕は試していませんが)

【デメリット】
・設置方法に工夫が必要
(パソコンに固定できる三脚必要?)

・長時間使っているとスマホの発熱が気になる
(何時間も使用できないかも?)

・Mac版は今のところなし
(Windowsのみ)

・無料版だと画面に「iVCam」のすかしが入る
————

上記のような長所・短所があります。

そして、
使い方は簡単です。

==========
「iVCam」というアプリを
パソコンとスマホにそれぞれダウンロードして、
Wi-Fi経由かUSB接続でパソコンとスマホを接続します。
(自動的にやってくれるので難しくないかと)

たったこれだけです。

ちなみに、
USBの有線接続の方が安定性は高く、
遅延も少ないと思います。

※注意点として、
使っているパソコンによって
セキュリティソフトのブロックを
解除する必要があるかも知れません。
==========

これだけでスマホを
Webカメラとして使えるので、
もし昔使っていたスマホがあるなら
それを使ってみると簡単に導入できオススメです。

問題はデメリットにも書きましたが設置方法ですね(^_^;)

ディスプレイの上に置くためにどうするかですが…

(一応iPadでも使えるみたいですが
サイズが大きいので使いづらいですね)

ただ、その問題さえクリアできれば
気軽にしかも高画質なWebカメラとして
使うことができますので、
ぜひ試していただければ幸いです。

清永 仁
地方・田舎の「自営業者、社員10名未満の社長へ」
ストックビジネスを活用した
地方・田舎でも集客できる3大メソッドを公開!
清永 仁
全3回の動画セミナーを下記からご覧ください