地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

Youtube集客の失敗!チャンネル登録者を伸ばす戦略がNGなワケ

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『Youtube集客の失敗!チャンネル登録者を増やす戦略がNGなワケ』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


本日はYoutube集客(動画集客)
についてお話したと思います。

======
Youtubeでよくある失敗として

「チャンネル登録者数を増やす」

という罠(ワナ)にハマっている方が
意外と多いことです。
======

もちろんチャンネル登録を
増やすことも重要で、
動画集客をする上でも
大事な要素の1つです。

ただ、

大事な要素の1つであり、
チャンネル登録数が全てではありません。

チャンネル登録の“その先”
見据えてYoutubeを使わないと

「チャンネル登録数が増えても
まったく集客につながらない」

そんな罠にハマってしまいます。

—————
ここで考えてほしいのが
あくまでチャンネル登録数は
“視聴回数を増やす”ために
有効であって、

『視聴回数のUP=集客数のUP』

ではないことです。

あなたの動画を
見る人が増えても

「見て終わり」の人が
増えるだけです。
—————

Youtubeで集客が目的でなく
ブランディングや広告収入が
目的の場合はそれでもいいですが、

“集客”を目的とする場合は
チャンネル登録数は集客UPのための
1つの数字でしかありません。

たとえると、

~~~~~~
たくさんのチラシを配るなどで
あなたのお店に来てくれる人が
増えました。

でも、お店の中に入るための
「入り口がない」

そんな状態です。
~~~~~~

いくら来店客が増えても
入り口がないと商売のしようがないので
売上が上がるはずもありません。

こう聞くと

「そんなの当たり前でしょ」

と思うのですが、

厳しい言い方ですが、
Youtubeになると実際に
こんな「入り口がない」動画集客を
やっている人が多いのです。

なので、

Youtube集客で大事なのは
しっかりと入り口を作ることで、

つまり、

集客につなげるための
“導線”を用意した上で
Youtubeを使うことが
必要不可欠です。

======
一般的な方法としては、

●Youtubeの概要欄に

「問い合わせフォーム」
「ホームページアドレス」
「メルマガ登録フォーム」

などを載せることですが、
ただ載せるだけでは
集客率は上がらないので

“しっかりと魅力的な
誘導文もセット”で載せること。

●Youtubeの機能である
「カード」「終了画面」を使い
各種フォームに誘導すること。

※ここでもチャンネル登録だけを
促す方が多いので注意が必要です。

●動画の中でも直接
「下記から問い合わせください」
みたいな感じで軽く告知をすること。

(やり過ぎると宣伝色が強くなるので
あくまでさり気なく時間も短めに)
======

などです。

そして、

こういった入り口を用意した上で
チャンネル登録数を増やすのは

~~~~
チャンネル登録数UP

↓ ↓ ↓ ↓

視聴回数UP

↓ ↓ ↓ ↓

集客数UP

↓ ↓ ↓ ↓

売上UP
~~~~

とつながっていくので
チャンネル登録数を増やすことも
有効な戦術になります。

ぜひYoutube集客を行う場合は
この集客につなげるための
“導線”を意識して実践して
いただければ幸いです。

本日はここまでになりますが、
少しでも参考になればと思います。

清永 仁
地方・田舎の「自営業者、社員10名未満の社長へ」
ストックビジネスを活用した
地方・田舎でも集客できる3大メソッドを公開!
清永 仁
全3回の動画セミナーを下記からご覧ください