地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

ZOOMなどのオンライン商談やセールスで失敗を防ぐ最低限の対策法

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『ZOOMなどのオンライン商談やセールスで失敗を防ぐ最低限の対策法』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


本日はオンライン商談が
失敗してしまう盲点について
お話したいと思います。

今はコロナの影響で
オンラインでの

・商談(クロージング)
・セールス
・セッション
・相談
・交渉

などが一般的に
なってきました。

ただし、

————-
今までリアルでの
商談やセールスでは
成約が取れていたのに、

オンラインになると
なかなか苦労している
————-

という方が少なくありません。

 

特に商談やセールスなど
“何かを販売する”ことは
オンラインでは注意が必要です。

やはり、リアルと同じ
というわけにはいかないですからね。

そこで今回はオンライン商談の
“盲点”ということで、
意外と見落とされがちな
ポイントについて解説します。

ちなみに、

オンライン独自の販売方法も
ありますが、ここは長くなるので
また違う機会に話しますね。

それではその見落とされがちな
ポイントですが、、、

=========
ネット環境などの
“環境面”での設備に
問題があって商談が
まとまらないケースことです。

何度も言いますが、

「自分のネット環境は大丈夫」

と思っている人ほど
意外とネット環境が
しっかりできていないので
注意してください。
=========

というのも、
話している途中で
“こちらが気付かず”
止まっているケースが
意外と多いからです。

※止まっているとは

・話が途切れる
・共有画面が動いていない
(相手に資料が見えていないなど)

などの現象です。

 

~~~~~~
特に、共有画面の問題は
相手に資料が見えないと
商談の成約率を大きく
左右するので気をつけてください。
~~~~~~

途切れているのは
ちょっとの時間だったり、

相手も今見えている資料が
話している内容だと
勘違いもしやすいので、

————-
・商品の魅力を伝える
大事な場面で途切れた

・資料が最初のページで
動いてなく、相手が商品について
理解しきれてなかった
————-

などで、
成約率を著しく下げている
可能性がありますので。

僕自身は
資料を共有する時は必ず

・「資料見えてますか?」

・「2ページ目に行きましたが
1ページ目のままではないですか?」

などで確認するようにしています。

 

なので、ネット環境は
相手の回線の問題もありますが、
最低限こちら側だけでもしっかりと
整えておくことを推奨します。

ネット環境の問題でせっかくの
商談が失敗すると非常に
もったいないですからね(-_-;)

また、やはり
ネット環境の設備で有効なのが

【有線でネットに接続すること】

無線(Wi-Fi)接続に比べ
安定性が格段に変わるので
オススメです。

どうしても
無線でしか難しい場合は、
なるべくルーターと
パソコンを近づけるか、

ルーターを性能の良いものに
買い換えることも
検討いただければと思います。

ルーターを買うお金がかかりますが
商談が失敗することを考えると
費用経費だと思いますので。

本日はここまでになりますが、
少しでも参考になれば幸いです。

清永 仁
地方・田舎の「自営業者、社員10名未満の社長へ」
ストックビジネスを活用した
地方・田舎でも集客できる3大メソッドを公開!
清永 仁
全3回の動画セミナーを下記からご覧ください