地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

ZOOMに電話で参加すると通話料がかかる?無料にする設定方法を解説

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『ZOOMに電話で参加すると通話料がかかる?無料にする設定方法』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


本日はZOOM主催者が
絶対に注意してほしい設定のポイント
についてお話したいと思います。

========
その設定のポイントとは、
「通話料を確実に0円にする設定」です。

※普通に使っていても
通話料が発生することはほとんどありませんが、
もしものために確実に通話料を0にする設定を行っていてください。
========

実は、ZOOMを最初の設定をいじらず
そのまま使っていると相手側に通話料が
発生してしまうケースがまれにあります。

その仕組として

〜〜〜〜〜〜〜
ZOOMでは、

「電話」
「コンピュータオーディオ」

この2つの通話方法が用意されており、
もし相手側がZOOMでの通話に
「電話」を選択してしまうと通話料が発生してしまうのです。
〜〜〜〜〜〜〜

つまり、
相手側がどちらの通話方法にするか選択する権利があり、
もし「電話」を選択すると通話料が発生する危険性があります。
(ちなみに、主催者側はかかりません)

なので、ZOOMの設定で
「コンピュータオーディオのみ」
にしか選べないように
設定を変更しておくことをオススメします。

具体的には、

—————-
ZOOMの設定画面に行くと

「電話」
「コンピューターオーディオ」
「電話またはコンピューターオーディオ」

の3種類の項目があるのですが、
最初の設定では3番目の項目に
チェックが入っています。

そのチェックを外して
2番目の「コンピュータオーディオ」に
チェックを入れていただけるとOKです。
—————-

そうすると相手側で「電話」を選ぶことができなくなるので、
必然的に通話料が発生する危険性もなくなります。

または、スケジュールで
ZOOMミーティングを作成する際に
上記と同じ設定がありますので、そこで

「コンピューターオーディオ」

にチェックを入れて作成していただけると
通話料が発生しないので安心です。

ごくまれなケースですが、
もし通話料が相手側に発生して
トラブルにならないために
ぜひ注意していただけると幸いです。

おそらくZOOMで1番と言っていいほど
注意すべきポイントかも知れませんので。

ご参考になれば幸いです。