地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

ZOOMの録画(レコーディング)を正しく行うやり方と共有時の注意点

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『ZOOMの録画(レコーディング)を正しく行うやり方と共有時の注意点』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


本日はZOOMレコーディングで
注意するべきポイントについて
お話したいと思います。

ZOOMでは便利な機能として
ZOOMの内容を録画することができます。

これが意外と便利で、セミナーだけでなく、
クライアントさんに何かを説明するときも
録画をして後で共有したりしています。

ただし、

————
このZOOMレコーディング(録画)は
注意するべきポイントあり、
下手をすると

「以前録画したデータがない」
「全部録画できていない」
「録画したデータが消えている」

などの状況になる可能性があるので
気をつけてくださいね。
————

それでは
どのような点に注意すべきで、
なぜ上記のようなことに
なってしまうのか説明します。

まず、ZOOMでは2つの
レコーディング方法があります。

・クラウドレコーディング
・ローカルレコーディング

この2つです。

そして、実は
“クラウドレコーディング”は
便利な半面問題も起こりやすいので
注意しなくてはいけません。

ちなみに、
それぞれの違いですが

=======
●クラウドレコーディング

→“ZOOM上”に録画したデータを
保存する機能です。

あなたのパソコンの容量を
使うこともなく、

URLを送るだけで簡単に
動画を共有することができるので、
ローカルレコーディングよりも
便利に使うことができます。

●ローカルレコーディング

→あなたのパソコン上に
録画データを保存する機能です。

無料版でも使うことができますが、
簡単に動画を共有できないなど、
便利さではクラウドレコーディングに
一歩劣ります。
======

こういった違いがあります。

こう見ると
クラウドレコーディングの方が
便利で良さそうですが、
デメリットがあります。

どんなデメリットかと言うと
(今回のテーマですが)

~~~~~~~~
クラウドレコーディングは
「保存できる容量に限界がある」
というデメリットです。

なので、

・長時間の録画ができない

・容量を超えると前に撮った
録画ファイルが削除される危険性あり

・相手が送った録画データを
見ようと思ったときには消えている
(容量を超えてしまった結果、
上書きされているなど)

といった問題があります。
~~~~~~~~

具体的には
クラウドレコーディングは
1GBしか録画できないので、

“5時間ほど録画すると”
すべて容量を使ってしまいます。

撮影内容や状況にもよりますが、
1時間録画すると大体200MB使うので、

200MB×5=1GB

という計算になります。

「5時間も使わないよ」

と思うかもですが、
1回の録画では大丈夫でも
何回も録画しているとすぐに
超えてしまうので、
注意されてくださいね。

しっかりと
クラウドレコーディングの容量を
管理しておけば問題にはなりませんが、

僕は「データが無くなった!」
ということを避けるために
常にローカルレコーディングで
録画をするようにしています。

(面倒ではありますが、
共有するときも録画したデータを
Youtubeにアップして限定公開にして
相手に送るようにしています)

せっかく録画したデータを
消してしまわないために
ぜひレコーディング機能を
使い分けていただければと思います。

ご参考になれば幸いです。

清永 仁
地方・田舎の「自営業者、社員10名未満の社長へ」
ストックビジネスを活用した
地方・田舎でも集客できる3大メソッドを公開!
清永 仁
全3回の動画セミナーを下記からご覧ください