地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

【サービス業必見】3つの商品ラインナップ戦略で集客するコツ

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『【サービス業必見】3つの商品ラインナップ戦略で集客するコツ』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


本日は集客するための
商品ラインナップについて
お話したいと思います。

 

※特に、サービス業
この商品ラインナップ戦略は
必ずと言っていいほど必要です。

 

その前に必ず
押さえておいてほしいのは、
まず最低でも商品は
“2つ”用意しておくことです。

 

それぞれ

見込み客用の商品
新規顧客用の商品

この2つですね。

 

専門用語でいうと、

======

前者をフロントエンド商品
(集客商品、お試し商品)

後者をバックエンド商品
(利益商品、本命商品)

======

と言います。

 

この2つは必ず
用意してほしいと思います。

 

なぜならば、
特にサービス業の場合は

 

“あなた自身が商品”

 

になるので、
お客様からするといきなり
あなたのサービスを
受けようとはなかなか
思ってもらえないからです。

 

端的に言うと、
お客様は「警戒」
しているわけですね。

 

だからこそ、

まずはお試し商品などで
お客様がサービスを
利用するまでのハードルを下げ、
接触することが大事になります。

 

僕のような
コンサルタントの場合は
「無料相談」がお試し商品
(フロントエンド商品)です。

 

そして、

そこで警戒心を解いてから
本当に売りたい商品
(バックエンド商品)を
販売するのです。

 

ちなみに、
この販売方法は物販でも
有効で、お試し商品を
低価格で販売して

まずは使ってもらってから
販売する方法になります。

 

そして、

今回お伝えしたいのは
このお試し商品
(フロントエンド商品)を

サービス業の場合はさらに
2つあるといいことです。

(合計3つの商品)

 

サービス業の場合は、
先ほども言ったように
あなた自身が商品です。

 

なので、
物を販売する物販よりも
サービスを販売する
サービス業の方が

あなたに“会う”必要が
あるのでより「警戒」されます。

 

他にも、会うためには
実際にお店に足を運んだりの
「行動」も必要となるので、

お試し商品であっても
なかなか利用してくれない…

という事が
意外に多いのもあります。

 

だからこそ、

「あなたと会うためのお試し商品」
(僕の場合であれば無料相談)

だけでなく

「あなたと会わなくても
提供できるお試し商品」
(僕の場合であれば無料動画)

この2つがあると
より集客が楽になります。

 

僕自身も無料動画をまずは
ご覧になっていただきそこで

「僕の話を聞いてみたい」

と思ってもらってから
無料相談に誘導する方が
より集客率が上がる
ので、
お試し商品は2つ用意しております。

 

サービス業の場合は、
ぜひこういった
商品ラインナップで
集客率を上げるための
参考にしていただければ幸いです。

 

本日も最後までお読みいただき
まことにありがとうございました。

清永 仁
地方・田舎に住む「自営業者、社員10名未満の社長へ」
地方でも集客できる3大メソッド
地方集客ストックビジネス講座を公開中!
清永 仁
ストックビジネスを活用した
3つの無料動画セミナーを下記からご覧ください