地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

【2020年最新】Twitter集客が今熱い!その理由と成功させる方法とは

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『【2020年最新】Twitter集客が今熱い!その理由と成功させる方法とは』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


僕も先日知って驚いたのですが、
タイトルにあるように
実はTwitterがまた伸びています。

 

理由としては、

・コロナの影響
・電車広告をはじめた影響

など色々と言われていますが、
今年に入ってから確実に
登録者数を伸ばしているようです。

 

SNSの特徴としては、
ピークを過ぎると
利用者(アクティブユーザー)
がどんどん減るのが
これまでの傾向でしたが、

ここにきて再ブレイクの
兆しがあるので、正直
僕もビックリしました^^;

 

アクティブユーザーとは
実際に使っている利用者です。

登録者数だけだと
使っていない人も含まれるので
あまり参考にならないので。

 

なので、
Twitterをビジネスとして
(主に集客に)活用できる
可能性も再びあります。

 

もちろんTwitterは
これまでもまったく
集客として活用できない
というわけでは
ありませんでしたが、

登録者数も
伸びていないのもあって
どうしても使いにくかったです。

 

ただ、
今は登録者数が伸びており、
集客の基本としては、

「お客様のいるところに
告知をすること」

なので、今後は
集客に活用しやすくなる
可能性があります。

 

ですが、注意が必要なのが
先ほど集客の基本として

「お客様のいるところに
告知をすること」

と言いましたが、

正しくは

『あなたのターゲット顧客が
いるところに告知をすること』

細かく言うとこれが
集客の基本原則です。

 

なので、
Twitterを集客に活用する前に

まずあなたのターゲットとする
お客様がTwitterにいるかどうか?

ここをしっかりと
把握した上で
活用するようにしてくださいね。

(これは他のSNSも含め
どんな集客にも
言えることですが)

 

ちなみに、一般的には、
Twitterは30代以下の
若者の利用者が多く、
学生も多いと言われています。

 

ただ、

アクティブユーザー数を
Twitterは2017年から
更新してない
ので、
正確には分かりません。

 

特に今は登録者が
増えているので、

もしかすると利用者層が
前とはまったく
変わってきている
可能性もあります。

 

なので、若者ばかりで
ターゲット顧客がいないから
使えない。

と思うのは早計ですので
注意されてくださいね。

 

本日はここまでになりますが、
少しでも参考になれば幸いです。