地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

【3つの商品開発】顧客層はそのままに売れる商品を作るコツとは?

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『【3つの商品開発】顧客層はそのままに売れる商品を作るコツとは?』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


ブログで何度もお伝えしているように
そもそもの商品が魅力的であることが
集客や売上UPの“前提条件”です。

(もちろん商品だけでもダメですが、
商品が魅力的でないとスタートラインにも立てません)

なので、

かなり力を入れて作る必要があるのですが、
多くの会社では「これは売れるだろう」と
簡単に商品を作ってしまう例が少なくありません。

そこで、本日は新しく商品やサービスを作る時の
基本となるコツについてお話したいと思います。

その前に、まず注意してほしいことがあり、

==========
“顧客層も変える”新商品を作るのは
絶対にNGだと言うことです。
==========

経営では多角化戦略というものがあり、
これまでとは違う新しいやり方で
売上を上げる方法が大きく3つあります。

それが、

・顧客層を変えずに商品のみを変える方法
・商品は変えずに顧客層を変える方法
・顧客層も商品も変える方法

この3つです。

ただし、
1番下の顧客層も商品も変えるやり方、

つまり、今までとは違うお客様に対して
新しく作った商品を販売する戦略は
もっとも難易度が高く成功率が低いので
おすすめしません。

なので、まずは

〜〜〜〜〜〜〜〜
・顧客層を変えずに商品のみを変える方法
・商品は変えずに顧客層を変える方法
〜〜〜〜〜〜〜〜

どちらかで考えてほしいのです。

そこで今回は
「顧客層を変えずに商品のみを変える方法」
でのコツをお話させていただきます。

結論から言いますと、

—————
今の既存のお客様に対して

「何が欲しいのか?」
「何を求めているのか?」
「どんな悩みや問題を抱えているのか?」

こういったことをアンケートや
直接聞くことでお客様自身から
教えてもらうことです。

(もちろんこんな直接的な質問はしませんが)
—————

商品はお客様が

ニーズ(必要性)
ウォンツ(欲求)

のどちらかを感じた時に
はじめて売れるものです。

なので、こちらがどれだけ
「売れる」と思っても
“お客様”のニーズ、ウォンツを
満たすことができないと売れません。

では、どうするか?というと
繰り返しますが、答えはお客様が持っているので
お客様に聞くことがめちゃめちゃ大事なのです。

逆にいうと、せっかく売れる商品を作るために
最大のヒントを教えてくれる既存のお客様がいるのに
(起業前など、いない場合は仕方ないですが)

そのヒントを教えてもらわないで
商品を作ってしまうのは非常にもったいないです。

==========
お客様が求めている商品を把握して、
それに合ったものを作って、
その商品を既存のお客様に販売すれば、
正直、売れる可能性はかなり高いですよね?
==========

「これが欲しい!」と言っているものを
販売しているので当たり前ですが。

ただ、

厳しい言い方ですが、こういったことをせず
自分の頭の中だけで「これは売れる」と
商品を作ってしまう例が本当に多いので、

ぜひとも自分1人だけで考えず、
最大のヒントをくれるお客様にも
手伝ってもらってくださいね。

※具体的な方法は長くなってしまうので
また今後のメルマガで伝えさせていただきます。

ご参考になれば幸いです。