地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

ブログ・Instagram・LINEで集客する場合に気をつけたい基本とは?

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『ブログ・Instagram・LINEで集客する場合に気をつけたい基本とは?』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


本日は集客の基本と呼べる内容です。

厳しい言い方ですが、
意外と今回の内容を知らずに集客をして
失敗している人が多いので、
ぜひ注意していただければと思います。

ちなみに、ネット集客で
この失敗をしてしまう例が多いです。

まず押さえておいてほしいのが

——————
集客の基本は、

「あなたのお客様がいるところで
告知をすること」

つまり、
自社のターゲットとなるお客様がいるところで
集客をすることが基本となります。
——————

「当たり前じゃないか」
と思うかも知れませんが、
意外とお客様がいないところで
頑張って告知している人が多いんですよね…

たとえば、店舗型ビジネスで多いのが
ブログ集客をやっているお店です。

店舗ビジネスは基本的に
地域密着型のビジネスなので、
実はブログ集客とはあまり相性がよくありません。

(ただし、新規集客のための
ブログ集客法がありますので、
それであれば問題ありません)

もし福岡の店舗ブログが
東京で検索されてあなたのサイトに来てくれても
来店することは難しいですよね?

〜〜〜〜〜〜〜〜
この場合であれば、
ブログ集客をいくら頑張っても
“あなた”のターゲットとなるお客様が
いないところで必死に告知していることになります。
〜〜〜〜〜〜〜〜

もちろん商圏内の人があなたのブログに
来てくれることもあるので、
ブログからお客様が来てくれる可能性はありますが、
それでもかなり効率の悪い方法ですよね?

また、ブログ集客であれば
コストがそれほどかからないのでまだいいのですが、
ネット広告など有料の集客法でやってしまうと
大きな損をしてしまう可能性があります。

例をあげるとFacebook広告がネット広告の中では
かなり有効だと言われていますが、

〜〜〜〜〜〜〜〜
これもあなたのお客様がFacebook上にいるのか?
〜〜〜〜〜〜〜〜

を考えた上で実施する必要があります。

たとえば、一般的にFacebookを使っている方は
年齢が高い方が多いので、若い層を
ターゲットにしている会社の場合は
あまり効果が期待できない可能性が高いです。

でも、

「Facebook広告が効果が高いと聞いたから」
「インスタがいいと聞いたから」
「公式LINEが流行っているから」

と“自社のターゲット顧客がいるかどうか”を
無視して盲目的に実施している方が少なくありません。

他にもまだまだありますが、
このようにターゲット顧客を無視した告知(集客)を
知らずにやっているケースは多いので、ぜひ今一度

=========
今やっている集客法は

・自社のターゲットとなるお客様がいるのか?
・いるとしたら多いのか?少ないのか?
・顧客層以外のお客様にも告知して非効率ではないか?

こういったことを考えていただければ幸いです。
=========

少しでもご参考になればと思います。