地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

ランチェスター経営などの戦略理論を社長が学ぶべき意味とは?

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『ランチェスター経営などの戦略理論を社長が学ぶべき意味とは?』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


本日は8割は知らない、
経営戦略を学ぶホントの意味
についてお伝えしたいと思います。

(特に、「経営は実践がすべて」と
経営戦略という理論にあまり関心がない場合は
ぜひご覧いただければ幸いです)

ちなみに、最初に言っておきますが、
個人的には経営戦略を学ぶことは
とてもおすすめしております。

ただし、

このメルマガで何度も
お話させていただいておりますが、
経営戦略は1種類だけでなく、
色々な種類があり、

〜〜〜〜〜〜〜〜
・大企業のための経営戦略
・中小企業のための経営戦略
・小さな会社のための経営戦略

(小さな会社=社員30名以下)

と会社規模によって変わりますし、
都市か地方かによっても
正しい経営戦略は変わります。
〜〜〜〜〜〜〜〜

なので、

自社の規模や地域に合わせた
経営戦略を学ぶようにしてくださいね。

僕自身は当時このことを知らず
経営戦略の本を読みあさりましたが、
成果が出ずに困った経験がありますので…

しかも、世の中にある経営戦略本の
9割くらいは大企業向けの本なので、
ほとんど役に立たなかったですね(ーー;)

まぁ今では大企業が競合の場合、
戦略が予測できるようになったので
良しとしていますが。

話を戻しますが、

「経営戦略を学んでも意味がない」
「実践がすべてだ」
「理論で売上は上がらない」

などなど、経営戦略を学ぶことに
否定派の方々もいらっしゃいます。

ちなみに、僕の父親は否定派です。
(なので、経営を感覚でやっているので
失敗も多いです)

確かに、経営戦略よりも
実践で学ぶ方が肌感覚で学べるので
より勉強になります。

「理論<実践」
僕もこれには賛成です。

—————
ただし、やはり実践だけだと
成功する確率が著しく落ちます。
—————

ここで本日のテーマである
経営戦略を学ぶ意味について
お答えさせていただくと

=======
経営での“成功確率”を1%でも上げるため
=======

これが経営戦略を学ぶ意味です。

つまり、言ってしまえば
確率論で(数学的ですが)

成功する確率を上げるために
経営戦略を学ぶ意味があるのです。

なので、

経営戦略を学んだからといって
“確実に”成功できるわけではありません。

(ここが経営戦略を学んでも意味がない
と言われる原因かもしれません。

あくまで確率なので絶対はないですし
実践の方がより重要なので)

そして当然ですが、
ビジネスに100%はありません。

経営を行い必ずうまく行くことなんて
この世に存在しません。

でも、やることなすこと次々と
成果を出す人もいますよね?

それは経営を戦略的に行い、
成功する確率を限りなく高めているのです。

そして、この確率を上げるためには
経営戦略を学ぶことは必須になります。

もちろん

〜〜〜〜〜〜〜
実践で培った感覚
×
経営戦略での理論
〜〜〜〜〜〜〜

この2つが合わさると
さらに確率は上がります。

僕的には
実践:理論=65:35

くらいのイメージですかね。

繰り返しますが、
実践の方がより大事なのは確かですが
経営戦略を学ぶことでより成功確率を
上げることができますので、

ぜひ「学んでも意味がない」とは思わず
この機会にしっかりと学んでいただければ幸いです。

清永 仁
地方・田舎の「自営業者、社員10名未満の社長へ」
⇒地方集客のオンライン講座を無料公開!
ストックビジネスを駆使した
地方集客の3大メソッドとは?
清永 仁
地方だから集客できる
全3回のセミナー講座今すぐご覧ください