地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

新型肺炎の影響で売上を下げてしまう社長の共通点。注意すべきポイント

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『新型コロナの影響で売上を下げてしまう社長の共通点。注意すべきポイント』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


新型肺炎コロナウイルスにより対応を間違えた結果、
お客様やスタッフから信頼を失ってしまった企業が出てきています。

端的に言うと、

=========
・必要以上にセールスをしたり
・スタッフの病気を隠したり
・サービス残業をさせたり
・コロナに有効だとデマを流したり
=========

こういった企業が増えてきています。

これらの企業をフォローするわけではないですが、
コロナの影響で売上が減ってしまった結果、
焦った経営者がやってしまったのだと思います。

利益を優先した結果、逆に信頼を失ってしまい
大きなダメージを負う感じですね。。。

ここで言いたいのは、

~~~~~~~~~
コロナの影響で今後は業種や地域に関係なく
売上が下がる企業がますます増えてくると予想されますので、

だからこそ、
「企業姿勢」が問われることです。

これは大企業・中小企業など関係なく
もちろん個人事業主に対してもです。
~~~~~~~~~

もちろん利益は大事です。

利益がないと会社を存続できないので、
まず利益を確保する視点も持っておく必要があります。

ただし、だからと言って
何かを犠牲にしたりデマや嘘をついてまで
利益を追い求めると後で手痛いしっぺ返しをくらうことになります。

特に、

お客様には見えない内部での
企業姿勢というのは注意が必要です。

スタッフさんにいつも以上の仕事をさせたり、
残業を半ば強制したり、

コロナの影響でこういった感じにスタッフさんに
負担を強いている企業は外には見えないので、
まだまだたくさんいると思います。

ですが、これもスタッフさんからの
企業への信頼を下げる結果になるので、
ぜひとも注意してほしいです。

————
目の前にあった売上は無くなると
パニックになって正常な判断ができなくなります。

これはよくわかります。

だからこそ、
今あなたがやっていることは

・本当に正しいのか?
・間違った判断をしていないか?
・長期的に考えた場合、効果的か?
・今をどうにかしたいから焦っていないか?

など、一度あなた自身と距離をとって
見直してみることをオススメいたします。

俯瞰(ふかん)して、自分が自分を
見るイメージですね。
————

やはり売上や利益は
お客様とスタッフさんの
「信頼」から生まれるものです。

このことを忘れずにしてくださいね。

特に、スタッフさんの信頼という視点は
忘れがちな人が多いので。。

ご参考になれば幸いです。

清永 仁
地方・田舎の「自営業者、社員10名未満の社長へ」
ストックビジネスを活用した
地方・田舎でも集客できる3大メソッドを公開!
清永 仁
全3回の動画セミナーを下記からご覧ください