社員のモチベーションの上げ方を間違っていないか?_①

書店に行ってみると、
日本でもモチベーション関係の本が増えてきたと思います。

ただ、全てとは言わないですが、欧米から輸入したモチベーション理論を、
そのまま日本人にも当てはめようとしている例が多い。

例えば、

・社員に目標を持たせる
・誉める
・評価する
・表彰する

などなど。

もちろん上記の例も間違っていない。
モチベーションを上げるには、上記の例も必要不可欠です。

ただ、優先順位が違うのです。

日本と欧米では、そもそも文化や環境などが違うため、
欧米と同じモチベーション向上のやり方では不十分なところがあります。

つまり、
「日本人」に適したモチベーションの上げ方が必要なのです。

次の記事に続く

清永 仁
地方で働く自営業・個人起業家・社員10名以下の会社へ。
地方は人が少ないので、
お客様を集める事ができない…
そう、思っていませんか?
清永 仁
そんな悩みを解決できる“ストックビジネス”を活用した
全5回の動画セミナーを公開しています!