地方や田舎での経営・集客支援、ストックビジネスに関することなら、地方集客コンサルタントの清永にお任せを!

2020年必須のハイパーターゲットメッセージで新規客を集めるコツ

こんにちは。
地方・田舎の集客支援を専門にするマーケティング会社
LeadClover代表の清永 仁(きよなが じん)です。

今回は『2020年必須のハイパーターゲットメッセージで新規客を集めるコツ』について動画で解説します。
ぜひ下記のYoutubeセミナーをご覧になっていただければ幸いです。

※【無料オンライン講座】
地方集客ストックビジネス動画講座はブログ下を参照


本日はハイパーターゲットメッセージ
についてお話したいと思います。

また、ハイパーターゲットメッセージとは、
簡単に言うと、

—————
「ターゲットを絞ってお客様に伝えないと
こっちに振り向いてもらえないよ」
—————

ということです。

つまり、集客のためにはよく聞く話ですが
ターゲットを絞らないと駄目ということを
一言で表した単語ですね。

しかし、そんな単語があるほど
やはりターゲットを絞ることは
めちゃめちゃ重要だと言うことです。

特に、スマホ時代の現在は
ほとんどの人が情報のシャワーを
毎日至るところで浴びています。

スマホを筆頭に、TVでもCMが流れ
外に行っても看板や広告にあふれ、
電車に乗れば中吊り広告、家のポストには
チラシが勝手に投げ込まれ、、、

と、もう様々な情報を
みんな毎日受け取っています。

=======
その中であなたの情報を
わざわざ見てくれて、しかも
来店や問い合わせにつながるなんて
普通に情報を届けているだけじゃ
見向きもされません。
=======

じゃあどうするか?

色々な方法はありますが、
やはり1番大事なのが
「ターゲットを絞って届けること」
ここに尽きます。

カクテルパーティー効果という
言葉がありますが、

“たくさんの人がそれぞれ話している中でも
自分に必要な情報だけは聞き取れる”

という効果です。

あなたも学生の時ありませんでしたか?

クラスでみんな雑談しているのに
誰かが自分の名前を出した部分だけ
聞こえることって?

それがカクテルパーティー効果です。

〜〜〜〜〜〜〜〜
つまり、人は「自分事の情報」には
“無意識にでも”意識が行くようになっているのです。

それを商品の告知や広告にもいかして
ターゲットを絞ることで自分事と思ってもらい、
あなたの情報に目を向けてもらうのです。
〜〜〜〜〜〜〜〜

人間の「勝手に反応してしまう」
そんな心理をついた一つの作戦だとも言えますね。

たとえば、スーパーで

「お母さん今日はこれが安いですよ」

というのと

「3歳未満のお子さんをお持ちのお母さん
今日はこれが安いですよ」

と言われるのであれば、
前者は自分事ではないので聞こえても
ほとんどの人にスルーされますが、

後者だと3歳未満のお子さんがいるお母さんなら
かなり反応してくれると思いませんか?

よくターゲットを絞ると
「お客様が減るから嫌だ」
という人がいますがこれは逆で、

ターゲットを絞らないと
誰からもスルーされてせっかくの情報が
まったく届かないのです。

つまり、ターゲットを絞るからこそ

========
やっとあなたの情報に
反応してくれる人が出てくるのです。
========

ターゲットを絞ることでお客様の人数が

100%から30%

とかになるイメージですが、本当は

1%から30%

になるイメージですね。

何度も言いますが、
ターゲットを絞ることではじめて
1だったのが20とか30に増えます。

このことをぜひ覚えておいていただき
ハイパーターゲットメッセージを
心がけていただければと思います。

ご参考になれば幸いです。

清永 仁
地方・田舎に住む「自営業者、社員10名未満の社長へ」
地方でも集客できる3大メソッド
地方集客ストックビジネス講座を公開中!
清永 仁
ストックビジネスを活用した
3つの無料動画セミナーを下記からご覧ください