NO IMAGE

労働トラブルで裁判になったときの決め手は?

おはようございます!
社員満足度向上コンサルタントをしております、
社会保険労務士の清永仁です。

もし労働トラブルで裁判になった場合、なにが重要だと思いますか?

今回は「労働トラブルで裁判になったときの決め手」
について、お話させていただきます。

【事実の立証がカギになる】

もし裁判になった場合、事実を立証できるかどうかがカギになります。

「言った、言わない」「した、しない」など、
証拠がなければ裁判官はどうしようもありません。

あくまで裁判官は、”確実な”事実をもとに審議を進めるからです。

よく会社側は「他の社員が証言してくれるから大丈夫」と言いますが、
会社側の社員の証言はほとんど聞き入れてもらえません。

なぜか?

会社側の社員は会社から給料をもらっているため、会社の意向に逆らいにくい。

つまり、
思ってもいないことを証言”させられている”と捉えるのです。

だから、他の社員の証言は聞き入れてもらえないと思ってください。

【”文書”による証拠があるかどうかがもっとも重要】

それでは、裁判官はなに証拠として重要視するのでしょうか?

それは『文書』です。

いかに証拠となる文書を集めているかどうかが、もっとも重要です。

例えば、

・労働契約書
・就業規則
・タイムカード
・業務改善指導書(解雇トラブルのときに重要)

などです。

上記のような文書がない場合、ほぼ裁判で負けると思っていいでしょう。

日本人は争いを好まない方が多いので、
海外に比べ裁判になること自体が少ないです。

そのせいか、労働トラブルに無頓着な方が多い。

先ほども言ったように、
もし証拠となる文書がなければ、ほぼ裁判で負けます。

負けた場合の損害も非常に大きなものになる可能性”大”です。
それこそ、倒産の可能性も大いにあり得ます。

だから、
極力、上記のような”文書”を作成しておくことを強くオススメします。

証拠となる文書がなければ、弁護士や社労士であってもどうしようもありません。

清永 仁
地方で働く自営業者・社員10名以下の社長さんへ。
地方は人が少ないので、
お客様を集める事ができない…
そう、思っていませんか?
清永 仁
そんな悩みを解決できるストックビジネスを活用した
全5回の動画セミナーを公開しています!